個別コーチングやコンサル、占星術セッションや占星術師養成講座を提供中(Tap Here!)

隠者(9番目)のカードについて数字・絵柄からの意味やメッセージを解説します。

今回はタロットカードの中で、隠者のカード
と呼ばれるものについての解説です。

タロットカードは全78枚で構成されており
まず大アルカナ22枚・小アルカナ56枚と
分類されます。

隠者のカードは「大アルカナ」の9番目に相当し
このカードの意味・メッセージの解説はもちろん
タロットカードを毎日の生活に活用する方法
についてもまとめています。

ちなみにタロットカードには様々な絵柄の
カードがあります。

私は下記の「マカロンタロット」の絵柄が
好きなので、こちらを使っていますが
タロットに興味がある方は、まず色々な
カードを手に取ってみたりするといいですね。

最近、マカロンタロットVer.4
という新しいバージョンも出たようです。

9番目:隠者のカードのキーワード

今回解説する「隠者のカード」は
大アルカナ22枚のうち、9番目のカード。

大アルカナ22枚は、22種類のカードが
バラバラに存在しているのではなく
22種類が連続としてつながる世界観があり
0番目のカード「愚者」が旅をしている

考えてもらえると良いですね。

愚者(0番目)のカードについて数字・絵柄からの意味やメッセージを解説します。

なので今回ご紹介する9番目:隠者のカードは
1つ前の8番目:正義のカードで、社会的に
高い立場からバランス良い意思決定や判断を
していたことをやり切り、引退をして
哲学的な探究の旅へ出ることを指しています。

会社を定年退職して、社会生活からは
少し距離を置いて隠居し、物書きしたり
本を読んだりしているイメージですね。

そのため、このカードのキーワードとしては、

  • 精神的で哲学的な探究、思慮深い
  • 遠くへ旅する、隠居
  • 孤独、孤高の存在
  • 現場から離れる、定年退職
  • 立場を捨てるからこそ見える視点

という意味があるのですが、まずこのような
キーワードを見て、どのように感じましたか?

直感的に、

「得意・好き(or苦手・嫌い)」

などという感情が出てきたかもしれません。

「自分らしい(orなじみが無い)」

などの感想を持ったかもしれませんね。

人によってキーワードに対する感じ方は
様々だと思いますが、タロットカードは
自分自身がこの世界をどのように見ているのか?

あたかも自分の内面をうつし出してくれる鏡
のような存在
と言われています。

今回のカードは「隠者」という名称の通り
抽象度高い世界に興味を持っていて
日常的な関心ごとや社会生活からは、一定の距離を
置いているイメージがあると思います。

人間が持つような基本的な欲求や経験は
一通り経験し終わっている感じがしますよね。

こうした意味がある「隠者」のキーワードを
あなたは、どのように認識しているのか?

実は、普段は意識していない事柄について
このカードを起点に、自分の中を探索してみる
きっかけになるのがタロットカードの醍醐味
ではないか?と私的には考えています。

数の原理から読み取れることは?

隠者のカードは「9番目」のカードとなりますが
そもそもタロットカードがいつ発祥したのか?

占星術のように古代が起源という説もあれば
中世ヨーロッパという説もあるなど様々で
よくわかっていないのが実情だそうです。

ただ現在では、16世紀ごろにフランスの
マルセイユで作られた「マルセイユ版」と
1910年にウエイト博士という人が
タロットに独自の解釈とシンボルを書き加えた
「ウエイト版」の2つが有名で、占いなどで
活用されている感じですね。

私が好きで使っているマカロンタロットは
マルセイユ版とウエイト版の両方良いところを
採用して作っていると著者は言っていました。

今回ご紹介している「隠者」のカードは
9番目で、3が3つ集まった数でもあります。

3と3が合わさった「6」では、相手からの
要求に自分が応える・レスポンスしていく状態
になりますが、さらにそこに「3」が
加わったものが9ですよね。

相手と自分しかいなかった6から
もう1つの「3」が加わることで、そもそも6の
対等な関係性だったところから、さらに一段
高い視点で自由に考えることができる様子を
示している
ので、「9」が探究の要素を持つ
ということですね。

ちなみに占星術では9番目のハウスは
探索のシンボルと言われていて
抽象度高い内容を、誰かに伝えたり
教えたりする場所という意味があります。

占星術ホロスコープの9ハウス【抽象的な内容を書いたり話したり教えたりする】&月・太陽・土星

サインでいえば9番目は射手座ですが
冒険家のように物理的に遠くへ旅をしたり
精神的な世界への冒険するような意味があります。

占星術ホロスコープで射手座♐️を読み解くと何がわかる?【♐️=冒険家の象徴】

絵柄から読み取れることは?

続いて、絵柄から読み取れることについて
タロットカードの種類によって絵柄は異なりますが
今回の隠者はどうなっているでしょうか?

まず右手には六芒星が入ったランタンを持って
「6」の関係性を客観的に眺めながらも
先が見えない世界や、真実を探究しているように
描かれています。

左手には哲学的思想を示すといわれる杖を持ち
雪山の中を探索している様子が伺えますね。

似たようなカードに、0番目のカードの愚者
旅をしているのですが、こちらの旅は
子どものように何も知らない状態で
社会の枠に入る前段階の、アテもない旅。

一方で隠者のカードの旅は、社会生活のことを
一通り経験し終えている状態なので
社会的な成功等に関係がない旅になる
のが特徴。

だからこそ、俗世間を離れての哲学的な
探究の旅をしているのかもしれませんね。

あなたは、この隠者のカードを見て
どんな印象がありましたでしょうか?

そこから想起された事柄を考えてみること
そのものが、このカードからの意味になると
私は考えています。

毎日の生活でどう活用する?

私は、「今日1日取り組むテーマは?」
などと考えながらタロットカード1枚を引く
やり方を継続して活用していますが
もし「隠者のカード」が出たらどのように
考えると良いでしょうか?

例えば、上述したキーワードのように
抽象度高い哲学の世界に没頭してみたり
1人の時間を確保して引きこもるタイミング

来ているともいえるでしょう。

SNS全盛の時代ですし、毎日の生活でも
人との関わりは欠かせないものですが
意識的に1人の時間を作らないと、隠者の旅は
難しそうですね。

一定期間、精神的な探究をするような旅に
出かけていく時間も大切
です。

そして隠者の旅をした時に、どこに未練を
感じるか?も合わせて考えると良いでしょう。

その未練を感じる点は、戦車恋人法王
など色々あると思いますが、隠者に入るからこそ
次のテーマが見つかってくるものです。

また、カードを引いた時に「正位置」もあれば
「逆位置」という反対向きで出現することも
あることでしょう。

逆位置の場合は、そのカードのキーワードを
「過剰」か「不足」ということで判断すると
扱いやすいと考えています。

なぜかというと、タロットの種類によっては
正位置・逆位置が存在しないものもあるため
そのカードのキーワードはブラさずに
スパイスのように付け加えるイメージですね。

隠者のカードであれば、

  • 現実逃避、閉鎖的、
  • 頑固、気難しい、変わった人

などの意味が読み取れるので
このあたり注意してみると良さそうです。

隠者のカードの理解を深めるために

カード1つ1つの意味を覚えていくよりは
大アルカナ22枚のストーリー全体像をおさえ
カード1枚引などをやって、日常に落とし込んで
活用していくことが、結果的に理解が深まると
考えています。

具体的には、カードの種類にもよりますが
まずはカードのキーワードからの印象や
絵柄からの印象から、どう感じたか?
どうメッセージを受け取ったか?

カードそのものに善悪・優劣は存在しないので
偶然でたカードを起点に、自分の内面を探り
あなた自身が感じたことをアウトプットする。

このことが隠者のカードの理解を深める
一番良い方法なので、ぜひ隠者のカードを
見た時・知った時の第一印象をアウトプット
してみてください。

よろしければ、こちらよりメンバー登録いただき
アウトプットしてみた内容を教えていただけたら
タロットの活用法などについて、お伝えしますね。

ということで今回は、9番目の隠者のカード
について、意味やメッセージをまとめてみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

最近、マカロンタロットVer.4
という新しいバージョンも出たようです。

他の大アルカナに関する記事もありますので
よろしければ下記もご参照ください。

愚者(0番目)魔術師(1番目)
女教皇(2番目)女帝(3番目)
皇帝(4番目)法王(5番目)
恋人(6番目)戦車(7番目)
正義(8番目)隠者(9番目)
運命の輪(10番目)力(11番目)
吊るされた男(12番目)、死神(13番目)
節制(14番目)悪魔(15番目)
塔(16番目)星(17番目)
月(18番目)太陽(19番目)
審判(20番目)世界(21番目)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください