占星術ホロスコープで射手座♐️を読み解くと何がわかる?【♐️=冒険家の象徴】

こんにちは、片渕です。

今回は、自分のホロスコープを占星術で読み解いていったときに、射手座サインの意味についてまとめていこうと思います。

ホロスコープとは、自分が生まれた瞬間の生年月日・時間・場所から導き出される星の配置図のこと。

よく見ると360度の円は、30度ずつのサインに区切られていますよね。

(例として、片渕のホロスコープをあげておきます↓)

射手座のシンボルから、どんなことが読み解いていけるのか?

自分自身が生まれ持った星からのメッセージを読み解けると、新しい発見や面白い気づきがあるんじゃないかなと思っていますので、ぜひお読みください!

なぜ「射手座♐️=冒険家の象徴」と言われるのか?


射手座は、古代哲学で言われる4つのエレメント(火・風・水・地)では火のエレメント、3つのクオリティ(活動・固定・柔軟)では柔軟サインの組み合わせ、でできています。

全部で12あるサインのうち、春のサインとして牡羊座・牡牛座・双子座ときましたが、ここでは個人の能力的なところがテーマとなっていました。

続いて夏のサインとしては、蟹座・獅子座・乙女座と、個人の情緒的なところを伸ばし、社会デビューする準備段階の位置付け。

>> 占星術ホロスコープの12星座(サイン)の意味や仕組みを解説します

そして秋のサインとして社会デビューした天秤座・蠍座、そして今回の射手座と来るのですが、射手座は興味持ったものに対して、自由奔放に火のようにアクティブに活動する冒険家のようなシンボル。

1つ前の、蠍座のサインでは特定の人と深く関わっていました。

>> 占星術ホロスコープで蠍座♏️を読み解くと何がわかる?【♏️=深く濃く追求する研究者の象徴】

射手座ではそこで見つけたテーマを、より大きく火のように拡大し、物理的にも精神的にももっと冒険していきたいという状態に変化していきます。

そんなところから、

・精神的な探究、宗教や哲学、向学心
・抽象的なものを書いたり、話したり、教えたり
・海外など遠くへの旅

などが、射手座サインのキーワードに。

射手座は火エレメントということで、今いる自分の場所から、物理的にも精神的にも上に・遠くに、火のように上がっていくイメージですね。

ちなみに、火のエレメントですが、活動サインごとに比較すると

牡羊座♈️(火×活動サイン):
何もないところから飛び出して火を起こしていく「開拓者・イノベーター」のシンボル
>> 占星術ホロスコープで牡羊座♈️を読み解くと何がわかる?【♈️=開拓者・イノベーターの象徴】

獅子座♌️(火×固定サイン):
太陽のように安定的に繰り返しずっと燃え続けるような「個性を見せる演出家」のシンボル
>> 占星術ホロスコープで獅子座♌️を読み解くと何がわかる?【♌️=個性を見せる演出家の象徴】

射手座♐️(火×柔軟サイン):
異質なモノ同士をぶつけあって火花が散っている「冒険家」のシンボル

こういった違いがあるので、同じ火のエレメントでもそれぞれのサインが持っているシンボルが違いますよね。

また、サインを深く理解していく時はサビアンシンボルをみていくのも面白いで、ご紹介していきます。

サビアンシンボルとは?

ホロスコープは360度の円の形をしていますが、その1度1度に意味が与えられているものがサビアンシンボルと呼ばれています。

つまり射手座でも、射手座1度〜射手座30度まで、それぞれ違ったメッセージが込められているのです。

マニアックな占星術の世界の話ですね。笑

さて、ここでは射手座のスタート地点でもあり、射手座の象徴となる、射手座1度のサビアンシンボルのみを紹介しますね。

射手座1度:
Grand army of the Republic campfire.
共和主義の威厳ある軍隊のキャンプファイヤー

自分たちで国や政治を作っていくぞとやる気になっている軍人さんたちが、自由意志で集まり、火を囲みながらお互いの想いや考えを語り、議論しているイメージですね。

射手座は、自分たちが考える理想に向かって、もっとお互いに向上させていきたいと考え、冒険心にあふれて闘争心を燃え上がらせている状態と言えます。

ちなみに抽象度高いテーマを扱っているのが射手座である一方で、ホロスコープ上で180度反対に位置する双子座は、具体的なテーマを扱っています。

小・中学校などで教えるものだったり、実生活ですぐに役立つような内容が双子座、ということですね。

また、海外など遠くへの旅行が射手座であるのに対して、近所や国内旅行のシンボルになっているのも双子座になります。

>> 占星術ホロスコープで双子座♊️を読み解くと何がわかる?【♊️=フットワーク軽い好奇心旺盛な人の象徴】

射手座サインを支える天体(支配星)

射手座など12サインそれぞれを守る役割がある天体を支配星と言うのですが

射手座=木星

が割り当てられています。

木星といえば、豊かさや発展の象徴。

>> 占星術ホロスコープで木星を読み解くと何がわかる?【木星=豊かさ・発展の象徴】

自分が考える理想状態に向けて、とことん向上・発展していきたいという射手座サインのシンボル、どこか木星のシンボルと似ているところがありませんか?

そんな射手座ですが、では具体的なホロスコープを使ってリーディングをしてみると、どのようなメッセージを導くことができるのでしょうか?

ということで片渕のホロスコープと、人生ストーリーの中で重要と言われる

月(誕生)

太陽(人生目的)

土星(人生の落とし所)

の3天体が射手座の服を着ているケース、この2つについて見ていきたいと思います。

実際のホロスコープで射手座♐️まわりをリーディングしてみると・・


まずは片渕のホロスコープで射手座まわりをリーディングしてみたいと思います。

私のホロスコープ、再掲しますね↓

射手座に、海王星の神様がいます。

占星術では、

どんな神様(=10天体)が
どんな服(=12星座)を着て
どんな舞台(=12ハウス)で
どんな会話(=アスペクト)をしているか

というのが基本的なリーディング手法になるので、片渕のホロスコープでいうと、射手座の服を着ている神様は海王星、ということになりますね。

そして、射手座的なシンボルは、どのように自分の人生の舞台で発揮するのか?というと

どんな舞台(=12ハウス)で

ここをみるといいですね。

片渕の場合は11ハウスになりますね。

11ハウスの詳細については、また別ブログにてまとめたいと思っていますが、

11ハウス=友人

のシンボルとなります。

よって、海王星・射手座・11ハウスからは

気の合う友人たちと、夢や理想の未来を語りながら冒険を楽しんでいく

そういう人である、などとリーディングできますね。

>> 占星術ホロスコープで海王星を読み解くと何がわかる?【海王星=夢見・神秘の象徴】

なお、海王星は動きの遅い天体なので、私と同世代の人はほとんどが海王星・射手座、ではないかなと思っています。

ところが、出生場所や日時などの違いから、ハウスが異なっているはずです。

つまり、海王星・射手座の影響を、自分の人生のどの舞台で発揮するのか?活用するのか?が違うわけですね。

ハウス全体についても、後日まとめてブログ記事にしてみようと思いますので、お楽しみに!

ホロスコープのサインに神様がいない時

私のケースではなく、もし蠍座のサインに神様がいない場合は、

・時代の流れなどをホロスコープでリーディングし、射手座に神様(天体)が入ったタイミング

・射手座に神様がたくさん集まっている人と、コラボする

この2つが、射手座に神様はいないけれども、とても大きな影響力を発揮するチャンスであるとリーディングできます。

自分が持っていないので、時代の流れ、あるいは他者の力を借りるという発想ですね。

時代の流れをホロスコープでリーディングしていく話は、例えば本ブログを書いている2021年の日本はどういう時代になりそうか?とリーディングしてみた以下の事例は参考になるかと考えています。

>> 占星術ホロスコープで2021年をリーディング|日本や自分自身にとってはどんな1年になるのか?

また風の時代に関する話は、これから200年ほど続いてく時代の流れの1つかなと思います。

>> 地の時代から風の時代へ|占星術的に解読してみた【結論:大事なことはいつの時代も変わらない】

射手座♐️と、月/太陽/土星の組み合わせをリーディングしてみると

続いて、人生ストーリーにおいて重要となってくる3人の神様である

月(誕生)

太陽(人生目的)

土星(人生の落とし所)

この3天体が射手座の服を着ているケースについて、見ていきたいと思います。

<月星座が射手座>

月の神様が射手座の服を着ているとなると、自由奔放でやんちゃで、地に足がついていない感じの子供だったかもしれませんね。

また、本が好きで、本の世界に引き込まれて、想像力豊かに本の世界へ冒険しているような感じだったかも。

>> 占星術ホロスコープで月を読み解くと何がわかる?【月=素の自分の象徴と言われる理由】

<太陽星座が射手座>

太陽は、その人の人生目的のシンボルになるので、社会に出て、自分で努力して輝かしていくことになります。

そのため太陽星座・射手座は、職業であれば哲学や宗教など抽象性が高い学問を研究する大学教授、先生、翻訳家、小説家などはフィットしますよね。

日本と海外との対比で翻訳だったり、実生活で役立つというよりは抽象度の高い世界に関して、書いたり話したり教えたりという点で、小説家というキーワードが出てきています。

また普通の会社員だったとしても、所属している部門にて会社や部門のビジョンやミッションを描いたり、研究・開発チームにて1つのプロジェクトを冒険心持って追求する仕事などで、力を発揮しているイメージがあります。

>> 占星術ホロスコープで太陽を読み解くと何がわかる?【太陽=人生目標・目的の象徴】

<土星星座が射手座>

土星は、その人の人生の終着点・落とし所のシンボルになります。

なので、子ども時代や若い時は、うまく土星を活用できず、むしろ苦手意識を持つテーマになりやすいと言われています。

具体的にいうと、射手座シンボルのような、抽象度の高い哲学や宗教の話、海外や外国語が苦手だったり、人に書いたり話したり教えるのが苦手というケースがあるかも知れません。

ただ、これはその人の人生の中で、高いハードルとして設定された星に生まれているという感じですね。

なので、土星の年齢域である55〜70歳くらいになると、社会的な立場も一段落したところから、海外在住したり、小説を書き出したり、哲学的な探究を始めたりするかもしれません。

若い時には苦手意識がありハードルが高いと感じた土星星座・射手座の力を、人生晩年に発揮するシナリオが考えられますね。

>> 占星術ホロスコープで土星を読み解くと何がわかる?【土星=常識・人生の落とし所の象徴】

射手座♐️をより深くリーディングするために


ということで今回は、占星術的にホロスコープを見た時の、「射手座」を読み解いてみました。

いかがでしたでしょうか?

自分のホロスコープを作ってリーディングしてみたい!という方は、以下のサイトにアクセスし

ホロスコープが無料で作成できるサイト

・自分の生年月日
・出生時間(できれば母子手帳などを確認して正確なものであればなお良い)
・出生場所(都道府県や市町村、できれば生まれた時の産院の住所がわかれば最高)

を入れると無料で簡単に作れますので、やってみてください。

片渕にリーディングしてもらいたい!というオーダーがあれば、SNSなどつかがっている方は直接ご連絡してもらってもokですし、こちらのお問い合わせからお気軽にご連絡ください。

また、占星術もうちょっと深く勉強してみたくなった!という方は、以下の本などが良いかなと思っていますので、ご覧ください〜。

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました。

次は山羊座について書いてみようかなと思っていますので、お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください