占星術ホロスコープを使って会社との相性をリーディングする方法

こんにちは、片渕です。

今回は、ホロスコープを使って自分が所属している会社との相性をリーディングしていく手法についてまとめていこうと思います。

先日は、パートナーとの相性のお話をしました。

>> 占星術ホロスコープを使ってパートナーとの相性をリーディングする方法

しかし、パートナーだけではなく、子供やペットなど。

会社員の人であれば所属している会社、起業家の人であれば自分の会社やJVパートナー、自分が気に入っている絵画などとの相性も、同じような考え方でリーディングすることができます。

2つのホロスコープを作成し、重ねてみた時の特徴をみていくやり方ですね。

占星術では、ホロスコープを作成した後で

どんな神様(=10天体)が
どんな服(=12星座)を着て
どんな舞台(=12ハウス)で
どんな会話(=アスペクト)をしているか

というストーリーで、星からのメッセージをリーディングしていくのですが、今回は私が16年ほど勤めていた会社の事例でやってみました。笑

特に、思い入れがある「誰か」だったり、「会社」「物」との相性や受けている影響をみてみたい場合は、今回の内容を参考にしていただけると嬉しいです。

会社から受ける影響の読み方


パートナーのような関係性と同じく、自分の人生の中で一緒にいる時間が長いものは対象となる相手(今回は会社)のホロスコープの特徴から影響を受けていると考えることができます。

自分はどんな影響を会社から受けているのか?

これを知るために二つのホロスコープを重ね、自分のホロスコープが内側、会社のホロスコープを外側に置くことで、会社から自分はどのような影響を受けているのか?をリーディングすることができるのです。

どうやって会社のホロスコープを作るのか?


ということで、まず会社のホロスコープの作るところから、ですね。

パートナーや子供など、対「人」であれば出生時の生年月日や生まれた場所・時間の情報から作ります。

会社や絵画など、対「物」の場合も同じ考え方で、それらが生まれた日・時間・場所の情報から作ります。

ということで会社のホームページをみてみると、創業年月日・場所の情報が出てきました。

MEMO

出典:https://www.benesse.co.jp/benesseinfo/data.html

時間は・・登記した時間がわかればベストですが、まあそこまではわからないので始業時間の9時、としてみました。

これらの情報で、ベネッセのホロスコープを作ってみると、以下になります。

せっかくなのでこの会社(ベネッセコーポレーション)のホロスコープをざっとリーディングしてみます。笑

ベネッセはホロスコープからみるとどんな会社なのか?

大きな特徴として、以下3点がありそうですね。

【1】アセンダント(仮面)が魚座、ライジングスターが月
【2】MC(ベネッセの社会的な役割・立場)が射手座、カルミネート天体が金星
【3】会社の人生目的(存在意義)は、水瓶座

1点ずつ、もう少し解説してみます。

【1】アセンダント(仮面)が魚座、ライジングスターが月


まず、ホロスコープで一番重要と言われるアセンダントですね。

>> 占星術ホロスコープの1ハウスとは何か?【個性・アイデンティティ】

1ハウスと12ハウスの境界線で、会社が生まれた瞬間に東の地平線から昇ってきたサインになりますが、魚座ですね。

魚座は、福祉や奉仕の精神というシンボルで、水エレメント・活動サイン。

星なるものも俗なるものも、目に見せる世界・見えない世界も、善も悪も全てごちゃ混ぜMIXな世界が魚座です。

>> 占星術ホロスコープで魚座♓️を読み解くと何がわかる?【♓️=福祉・奉仕精神の象徴】

そんなところから、公共性の高いもののシンボルになるわけですが、まさにベネッセは多くの学校・家庭教育、地域や国単位の教育に関わっていますね。

ベネッセグループ全体をみると介護や、これから健康とかそういう領域もやるのかな?

民間企業ではあるけれども、多くの人が関わるような公共性高い内容を事業活動として、仮面として活動していく様子が伺えますね。

さらに、ライジングスター(アセンダントの近辺にある天体)が月なので、構成要員となる社員の個性が見え隠れするような企画やサービスなどを展開しそうです。

16年この会社にいた身としては

片渕

確かに・・!

と思える話がたくさんホロスコープからリーディングできるので、驚きではあります。笑

【2】MC(ベネッセの社会的な役割・立場)が射手座、カルミネート天体が金星

続いてMCですね、9・10ハウスの境界線のサインです。

人であれば天職などのシンボルになりますが、会社であれば社会的な役割や立場のようなものになりますね。

>> 占星術ホロスコープの10ハウスとは何か?【社会活動・社会的ステイタス】

ベネッセの場合は射手座なので、火のエレメント・活動サインということで冒険家のシンボル。

抽象度高い内容(哲学や宗教)に対して、冒険家のように火花を散らしながら追い求めていくような感じでしょうか。

>> 占星術ホロスコープで射手座♐️を読み解くと何がわかる?【♐️=冒険家の象徴】

さらにカルミネート天体(MC付近にいる天体)が金星なので、会社や社員などの感性・美的センスが大きな影響を与える感じですね。

>> 占星術ホロスコープで金星を読み解くと何がわかる?【金星=美や感性の象徴】
ベネッセは、ラテン語で「よく生きる」、英語だと「well being」という意味があり、確かに抽象度が高い。

MEMO

出典:https://www.benesse.co.jp/brand/about/philosophy/

「よく生きる」と追い求めて冒険していくような事業活動・社会的な役割があるわけですね。

さらにビジネスという数字やロジックというよりは、感性や美的センスが大きい影響を与えるというリーディングができますね。

これも、納得という感じがします。

【3】会社の人生目的(存在意義)は、水瓶座

最後に、人生目的のシンボルと言われる太陽の位置に着目。

会社であれば、会社が存在している目的や存在意義となりますでしょうか。

>> 占星術ホロスコープで太陽を読み解くと何がわかる?【太陽=人生目標・目的の象徴】

ベネッセの場合は、太陽が水瓶座の位置にありますね。

水瓶座は、風エレメント・固定サインということで、理想の未来を追い求めて革命的な共同創造活動をしているシンボルになります。

会社が掲げる理想や理念、これらを追求して創造的な事業活動をしていくようなことが、会社の存在意義になっているという話ですね。

>> 占星術ホロスコープで水瓶座♒️を読み解くと何がわかる?【♒️=普遍的な理想の未来を求める革命家の象徴】

事業領域の教育1つとっても、国などの方針を鑑みつつ、学校や子供たちに必要なサービスを創造するようなことをやっていますよね。

教育に限らず介護など、企業理念の「よく生きる」を追求することが存在意義ということで、これもぴったりだなあと感じました。

ベネッセから自分はどんな影響を受けていたのか?

さて本題の、自分は会社からどんな影響を受けていたのか?について、みていきたいと思います。

自分のホロスコープを内側、会社のホロスコープを外側に置いてみて、外(会社)→内(自分)への影響をチェックします(以下が重ねたホロスコープ)

特徴としては、

【1】会社の冥王星(限界突破)のエネルギーが、自分の土星(常識さ)&水星(知性)に影響あり
【2】会社の太陽(存在意義)が、自分の月・1ハウス(個性やアイデンティティ)に影響あり
【3】会社の天王星(アイディア・発明)が、自分の太陽(人生目的)に影響あり

この3つの影響が大きいとリーディングできますね。

それぞれ、簡単に解説をしていきます。

【1】会社の冥王星(限界突破)のエネルギーが、自分の土星(常識さ)&水星(知性)に影響あり


まず冥王星ですね、破壊と再生・限界突破のシンボルになりますが、一番影響力が大きい天体でもありますし、ここに着目します。

>> 占星術ホロスコープで冥王星を読み解くと何がわかる?【冥王星=死と再生・限界突破の象徴】

会社からのそうしたエネルギーが、自分の土星(常識さ)&水星(知性)にダイレクトに影響がある位置関係ですよね。

会社から徹底的に、土星シンボルでもある常識さや社会ルール、そうしたものだったり。

>> 占星術ホロスコープで土星を読み解くと何がわかる?【土星=常識・人生の落とし所の象徴】

また、水星シンボルでもある知性やコミュニケーション能力、そうしたところを徹底的に限界突破するまで要求される感じ、ということですね。笑

>> 占星術ホロスコープで水星を読み解くと何がわかる?【水星=知性やコミュニケーションの象徴】

確かに、教材企画の仕事をしたり、人事の仕事をしていた時も、会社の資産として大きな工場があったり技術があったり・・というのではなく、社員の企画力・人間力で勝負、というような一面もあったかなあと。

常識さや知性・コミュニケーション能力を徹底的に鍛えられたのが、私の会社員時代であることは間違いないので、これはピッタリだなと感じました。

【2】会社の太陽(存在意義)が、自分の月・1ハウス(個性やアイデンティティ)に影響あり


続いて、会社の太陽すなわち存在意義のようなものが、私の月(個性やアイデンティティ)に影響を与えている話です。

>> 占星術ホロスコープで太陽を読み解くと何がわかる?【太陽=人生目標・目的の象徴】

>> 占星術ホロスコープで月を読み解くと何がわかる?【月=素の自分の象徴と言われる理由】

会社の企業理念でもある「よく生きる」、人によっては宗教っぽいというか抽象度高くて曖昧のような印象があるかもしれません。

ただ、人々がよく生きるための必要なことを事業化したり、企画・サービス開発していきましょうという考え方、そうした姿勢は確かに自分の個性に影響を受けています。

ビジネスだったら相手からお金をもらう、というのがありますが、まず目の前のお客様が困っていたり課題と思っていることを解決すること。

その対価として結果的にお金が入ってくる流れのようなもの、言葉にすると当たり前な話ではありますですけどね。

そうした基本姿勢のようなところは、長く会社にいたからというのもありますが、社会人としての個性を育むことにつながったと言える感じがしています。

【3】会社の天王星(アイディア・発明)が、自分の太陽(人生目的)に影響あり


最後に、会社の天王星ですね。

天王星は、革命などの意味がありますが、もう少し端的にいうと発明やアイディアを出していく、というシンボルになります。

>> 占星術ホロスコープで天王星を読み解くと何がわかる?【天王星=革命的・理想の未来の象徴】

会社から、常に新しい発明やアイディアというものを要求されるような職場環境だった、という感じですかね。

確かに、私も会社員時代を振り返ってみると、規模の大小はありますが

・その当時としては新しいデジタルを使った企画や、新しい着眼点をベースにした冊子を作る
・新しい事業や企画をうみだす人、を作るプロジェクトを担当する
・新時代のリーダーを育てたり輩出する仕組みを、考え実行する

というような、所属していた部署は異なりますが、常に新しいものを仕事として要求されることが多かったな、と。

自分の新しいものをうみだす力が鍛えられた会社員時代になったし、新しいワークスタイル・ライフスタイルを求めて結果的には会社員から独立する形にもなりました。

振り返ってみると、ホロスコープが示唆しているようなことが多かったですし、うまれ持った星からのメッセージ通りに社会人生活を送っていたという感じですね。

ということで、いかがでしたでしょうか?

占星術ホロスコープを使って、会社との相性をリーディングする方法として、私のケースをご紹介させていただきました。

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございます。

そして、今回のようなブログ記事をまた読んでみたい!という方は、こちらからクルー登録していただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください