占星術ホロスコープで金星を読み解くと何がわかる?【金星=美や感性の象徴】

こんにちは、片渕です。

今回は、自分のホロスコープを占星術で読み解いていったときに、金星はどういう意味になるのか?についてまとめています。

ホロスコープとは、自分が生まれた瞬間の生年月日・時間・場所から導き出される星の配置図のこと(片渕のホロスコープはこちら↓)

占星術では金星のみならず、その他太陽系の惑星10天体がどんな位置関係か?からメッセージを読み解いていきます。

太陽:人生目標・目的など
月:素の自分、出発点など
水星:知性、コミュニケーションなど
金星:美的センス、感性など
火星:活力、エネルギーなど
木星:豊かさ、発展など
土星:常識、人生の落とし所 など
天王星:革命的、理想の未来など
海王星:夢見、神秘など
冥王星:死と再生、限界突破など

10天体には、ざっくり上記のようなシンボルがありますが、今回は金星に関してまとめてみました。

占星術を使うと、金星からどのようなメッセージが読み取れて、自分の人生ストーリーにどのような指針を与えてくれるのか?

今回も、現代科学の常識を超えた占星術の世界から見た時に、新たな発見や面白い気づきがあるんじゃないかなと思っていますので、ぜひお読みください!

なぜ「金星=美や感性の象徴」と言われるのか?


金星は一般的には

地球とほぼ同じ大きさ・重さの惑星で、ほとんどが二酸化炭素におおわれ気温は約460度

ってことになっています。

しかし、占星術では金星は、一言でいうと

美や感性

なんていう意味が与えられています。

この理由として、ギリシャ神話で、アフロディアという美の女神のシンボルが金星というところからきています。

また、太陽が沈んだ後の薄暗い夜空に、1番星として明るく輝いている星が金星で「宵の明星」

あるいは、朝日が登ってくる前に、輝いているのも金星で「明けの明星」とも言われます。

そうした明るく美しく光る星というイメージがあるため、美や感性のシンボルになっているようですね。

さらに派生して

・感受性、喜び、愛、お金、楽しみ、文化、社交性
・五感のセンスを生かした職業(例えば、芸術家、ピアニスト、エンターテイナー、デザイナー、ファッション関係の仕事など)

などのシンボルにもなっています。

また、美的センスや愛など、思春期から恋愛・結婚などを意識し始める人が多いところから、

【金星の年齢域】
16から25歳(のシンボル)

とも言われています。

ちなみに女性だと金星は、恋愛をしている(結婚をしていない)自分のシンボルとも言われます。

MEMO
さらに、魅力を感じる男性は火星、結婚後の自分は月、結婚後のパートナーは太陽、からリーディングします

男性だと金星は、魅力を感じる女性のタイプになります。

MEMO
ちなみに、恋愛をしている自分が火星、結婚後の自分が太陽、結婚後のパートナーは月、からリーディングします

こういうところから、占いも含めて恋愛や結婚相手との相性などを見ていくこともできますが、これはまた別ブログ記事でまとめて書いてみたいと思います。

そして、人によっては恋愛だけではなく

・音楽が好きになり、好きなアーティストの歌や映像などを楽しんだり、ライブにいったり、自分でバンドをはじめるような時期

・オシャレに目覚め、ファッションに意識がいきはじめる時期

・熱中できる趣味などができ、学校での勉強以外の部活やサークル活動に夢中になりはじめる時期

というケースにも該当するので、必ずしも金星=恋愛だけというわけではありません。

また年齢域の話も、その年齢じゃなきゃダメというわけではなく、そのテーマを輝かせる・学びはじめるスタート時期という意味合いがあります。

16〜25歳の年齢域で、多くの人は上述したどれかに当てはまっていた人が多いのではないでしょうか。

そんな金星に関して、いつものように具体的なホロスコープを使ってみると、どのようにリーディングするできるのでしょうか?

引き続き、読み解いてみたいと思います。

実際のホロスコープで金星をリーディングしてみると・・


ということで今回も、片渕のホロスコープでリーディングしてみたいと思います。

私のホロスコープ、再掲しますね↓

金星が乙女座の位置にありますね。

占星術では、

どんな神様(=10天体)が
どんな服(=12星座)を着て
どんな舞台(=12ハウス)で
どんな会話(=アスペクト)をしているか

というのが基本的なリーディング手法になるので、片渕のホロスコープでいうと

金星の神様が
乙女座の服を着ている

となりますね。

乙女座は「土」エレメント×「柔軟」サイン。

土(地面)に足をつけつつも、状況変化に柔軟に対応できるよう準備する「実務家・秘書」が乙女座のシンボル

なんて言われています。

詳細は後日、乙女座に関するブログ記事も書いてみたいと思うのですが、乙女座には

(なんとなくといったフワフワした感覚ではなく)五感でしっかり自分を点検し、整理整頓し、何がきても柔軟な適応できるよう準備や訓練をしておく

という意味があります。

そういうところから秘書だったり、社会人としてしっかり仕事をしていく実務家のようなシンボルになっているんですよね。

逆にネガティブに言えば、五感でしっかり確認できる目の前のことばかりに気を取られ、全体感を見逃しやすい、完璧主義すぎて融通が効かない・・とも言えます。

私は会社員時代、人事担当として

・働く社員の働きやすさや各種トラブル事項に対応
・各部門のリーダーと共同して部門の人事的な側面を秘書のようにサポート

するような仕事をしてきましたが、、占星術的にも金星を輝かせるような適職だったということがわかります。

片渕

またしても占星術、恐るべし、、

ということで、片渕の金星(美や感性など)から言えることは

・長く元気な身体でいられるよう健康管理に注意し、きっちりジムに週6ほど通ったりする人である

・新年1/1に確定申告をほぼ終わらせることができる、周到な準備力・事務処理能力がある人である

・着実に仕事をして、育児をして、家事をしていく人である

ってリーディングできますね。笑

さらにいうと男性の金星(×乙女座)は、魅力を感じる女性ということなので

・美的センスや感性が優れていて、流行を読み解くようなセンスがある女性

・生活や仕事などの実務はきっちり着実にできる自立した女性

そういう女性に魅力を感じる、ということもわかりますよね。

果たしてどんな人と結婚したのか・・これはリアルな妻を知っている人からのコメントを待ちたいと思います。笑

自分自身の取扱説明書、どんどん出来上がっていく感じで面白いですよね。

非科学的なはずの占星術ですが、金星でリーディングできた内容も、しっくりくる話が多くて驚きです。

いずれにしても金星は、一般的に言われるような美的センスという意味だけではなく

自分の金星がいる星座から読み取れるシンボルは、自分が力を発揮しやすいし、自分にあっていると言えます。

占いだと、ラッキーアイテム、幸運を呼ぶキーワード、なんて表現されていますけれども。

もし今の毎日の生活が、自分の金星からのメッセージとシンクロしているようであれば、金星を輝かせる人生を生きていることになります。

もし違うようであれば、星から読み解けるメッセージを参考に、新しいことにチャレンジしていくことがオススメですね。

ということで今回は、占星術的にホロスコープを見た時の、「金星」を読み解いてみました。

いかがでしたでしょうか?

自分のホロスコープを作ってみたい!という方は、以下のサイトにアクセスし

ホロスコープが無料で作成できるサイト

・自分の生年月日
・出生時間(できれば母子手帳などを確認して正確なものであればなお良い)
・出生場所(都道府県や市町村、できれば生まれた時の産院の住所がわかれば最高)

を入れると無料で簡単に作れますので、やってみてください。

片渕にリーディングしてもらいたい!というオーダーがあれば、SNSなどつかがっている方は直接ご連絡してもらってもokですし、こちらのお問い合わせからお気軽にご連絡ください。

また、占星術もうちょっと勉強してみたくなった!という方は、マンガでわかりやすく解説してある以下の本などが良いかなと思っていますので、ご覧ください。

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました。

次は「太陽」について書いてみようかなと思っていますので、お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください