一度きりの自分の人生を謳歌するオンラインサロン(無料)【秘密のビジネス会議】メンバーを募集中。

2022年秋分の日(9/23)ホロスコープからわかる今後3ヶ月の時代&個人予測となるキーワード

今回は、秋分の日が訪れるということで
占星術の視点でどのようなメッセージが
導くことができるかをまとめた内容になっています

日本では四季という言葉の通り
春夏秋冬がありますが
古代哲学をベースにした占星術の世界でも
毎年3月下旬ごろに訪れる春分の日が
1年(春)のスタートラインとなっています。

ホロスコープ上では、牡羊座サインに太陽が入ったタイミングですね。

下記のブログは2022年の春分の日をベースに
2022年全体をリーディングした記事ですが
ご参考までにご紹介しておきます。

>> 占星術ホロスコープで2022年をリーディングしてみた|変化の兆しを見逃さず具体な形にアウトプットし続ける努力が大事な1年に

春からスタートして、そこから3ヶ月単位で
夏・秋・冬が訪れるのですが

・春のはじまり(春分の日):牡羊座に太陽が入った時
・夏のはじまり(夏至):蟹座に太陽が入った時
・秋のはじまり(秋分の日):天秤座に太陽が入った時
・冬のはじまり(冬至):山羊座に太陽が入った時

と、3ヶ月ごとに季節を区切っています。

植物や作物などに例えれば、

・春(春分の日)から、種まき
・夏(夏至)から、水分を含んで大きく成長
・秋(秋分の日)から、実ったものの刈り取り
・冬(冬至):から、成果を確認・長期保存

という感じになりますよね。

今回は秋分の日となりますので
1年の後半戦に突入して、冬至までの
3ヶ月間がスタートするタイミングになるので
どのような影響がありそうか?

以下の秋分の日のホロスコープを見ながら
解説していきたいと思います。

ちょうど昼と夜の時間が半分に
陽と陰が0ポイントになるのが
1年の中で2回ありまして
1つ目が春分の日、もう1つが
今回の秋分の日。

まずホロスコープの中で一番大事と
考えられているアセンダントを見ると
蠍座になっています。

>> アセンダントとは周囲の人から見た第一印象【自分が生まれたタイミングで選んだ仮面】

>> 占星術ホロスコープで蠍座♏️を読み解くと何がわかる?【♏️=深く濃く追求する研究者の象徴】

このホロスコープは個人ではなく
秋分の日になったタイミングの
私が住んでいる東京都八王子市で
作成していますが、いわゆる
日本という国に対しての影響
を示しています。

具体的に目に見えるどのような場面で?
をリーディングするときは
支配星(チャートルーラー)をチェック
するのですが、蠍座の支配星は冥王星。

>> チャートルーラーとは?あなたが生まれてきた意味や人生の活動拠点を示すシンボル

>> 占星術ホロスコープで冥王星を読み解くと何がわかる?【冥王星=死と再生・限界突破の象徴】

ちょうど来週には国葬なども予定されており
そのシンボルにも見えるのですが
冥王星はちょうど2ハウスにいます。

>> 占星術ホロスコープの2ハウス【所有・継承・お金を稼ぐ】&月・太陽・土星

2ハウスは所有のハウスということで
自分が所有している才能や、お金を稼ぐ
意味合いで使われることが多いので
このあたりを限界突破まで力を発揮したり
破壊と再生を繰り返してリニューアル
されていくこと
が、これから3ヶ月は
大きなテーマとしてあると考えています。

また、時代をリーディングするときに

・太陽:国のリーダー
・月:国民

という風にリーディングできるのですが
太陽は10ハウスに入っています。

10ハウスは社会のハウスといわれますが
いわゆる国のリーダーが春にまいた種を
夏で大きくして、いよいよ秋で収穫をする
ことを考えたときに、今年の成果が
具体的な「社会」の中で目に見える形で
現れると考えられますね。

>> 占星術ホロスコープの10ハウス【社会活動・社会的ステイタス】&月・太陽・土星

また、太陽は水星と重なっている
占星術ではコンジャクションとよんでいますが
知性やコミュニケーション力などのシンボルが
太陽を強力にサポートしている形です。

>> 占星術ホロスコープで水星を読み解くと何がわかる?【水星=知性やコミュニケーションの象徴】

ところが現在、この水星は逆行中で
いわゆるコミュニケーションエラー
誤解や言い間違いなどがおきるかも。

よって、国のリーダーが発信する内容を
額面通り受け取るというよりは
私たちがしっかり意図や経緯までも
くみ取る必要があるかもしれませんね。

>> 水星が逆行する(ように見える)占星術的な意味とは?2022年の逆行期間や影響ついて解説

一方で私たち国民は?を読む時は
月をリーディングしますが
獅子座の9ハウスにいますよね。

ところが獅子座26.29度ということで
次のハウスの5度手前にいることから
10ハウスでリーディングしたほうが
しっくりくると考えられています。

そのため、私たち国民も社会という
10ハウスの舞台で、自己表現したり
自分を演出的・魅力的にアピールする
ことで、先ほどのチャートルーラーでも
解説しましたが、自分の才能や
お金を稼ぐといったとことで力を
発揮する3ヶ月になりそうですね。

自分の才能や能力を駆使して
ビジネスをバリバリやっている人は
成果が出やすい3ヶ月が到来している
と言えるのでチャンスですね。

また、秋分の日のホロスコープを
上下に分割して俯瞰すると

上記のようになるのですが
月・水星・金星・太陽という
個人をつかさどる天体が上半分に
集まっています。

上半分すなわち太陽が出ている
明るい時間を示唆しているため
個人の変化は分かりやすく
見えるところで起きそうです。

逆に、木星以降の外側の天体
社会天体と言われていますが、さらに
社会を超えたトランスサタニアングループ
までも含めて、下半分に集まっています。

ようするに、社会や時代・常識を超えた
大きな変化は、夜の時間つまり
水面下で脈々と進んでいますよ
というメッセージになりますね。

また、先ほど水星逆行の話をしましたが
実は現在、木星・土星・天王星・海王星
そして冥王星も逆行をしている期間。

>> 木星が逆行する(ように見える)占星術的な意味とは?2022年の逆行期間や影響ついて解説

>> 土星が逆行する(ように見える)占星術的な意味とは?2022年の逆行期間や影響ついて解説

>> 海王星が逆行する(ように見える)占星術的な意味とは?2022年の逆行期間や影響ついて解説

逆行≒悪いことが起きる
という意味では必ずしもないのですが
再点検・再確認をするようなメッセージゆえ
これらを統合すると、社会基盤など
大きな変化は、行ったり来たりを繰り返しながら
トライアンドエラーを繰り返しながら水面下で
大きな変化が進む3ヶ月になる
ということが
リーディングできます。

最後になりますが、じゃあ自分に対して
これから3ヶ月はどのような影響があるか?

これについては、自分のホロスコープと
秋分の日のホロスコープを重ねることで
読み解くことができます。

上記がそのホロスコープですが
内側が自分の出生ホロスコープ
外側が秋分の日のホロスコープ。

今回は、秋分の日ホロスコープの
チャートルーラーでもあり
一番影響力が大きいといわれる
冥王星だけにフォーカスしてみると
私のホロスコープの1ハウスに
影響があるようです。

>> 占星術ホロスコープの1ハウス【個性・アイデンティティ】&月・太陽・土星

よって、私個人でいえば
自分自身の個性やアイデンティティ
平たくいえば自分の価値観や
優先順位みたいなものが
破壊と再生されているような
メッセージになりますね。

冥王星はとても動きが遅い天体なので
秋分の日から限定3ヶ月というよりは
2022年の私のケースということで
考えてもらえると良いかと思います。

ということで今回は秋分の日の
ホロスコープからわかる、今後3ヶ月の
国・国民・私という個人に関する
ちょっとした未来予測的なキーワードを
ご紹介させていただきました。

最後まで、お読みいただき
ありがとうございます。

もし、自分自身のホロスコープを読みたい
という方がいれば、
オンラインサロンメンバー登録(無料)
していただくか、こちらよりご相談ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください