一度きりの自分の人生を謳歌するオンラインサロン(無料)【秘密のビジネス会議】メンバーを募集中。

占星術ホロスコープで2022年をリーディングしてみた|変化の兆しを見逃さず具体な形にアウトプットし続ける努力が大事な1年に

今回は2022年のホロスコープをリーディングしてみて、どのような1年になりそうか?

星からのメッセージを読み解いていきたいと考えています。

具体的には、約5000年前の古代哲学の時代から使われてきた占星術の世界観を用いて、宇宙元旦とも言われる2022年の春分の日のホロスコープに着目します。

2022年の牡羊座0度の位置に太陽が来たた瞬間、すなわち2022年3月20日0時34分が2022年のスタートとなるので、その時のホロスコープ(下記)となります。

どのようなメッセージが隠されているのか?読み解いていきたいと思います。

日本でも明治時代初期まで利用されてきた太陰暦、そして占星術の世界では、1年のスタートは春分の日とされています。

そもそも・・なぜ正月ではなく春分の日が1年のスタートに?


その前に、1年のスタートといえば、正月をイメージする人がほとんどだと思います。

これは太陽暦という地球が太陽の周りを回る周期をベースにした暦です。

約365日かかって1周するので、それを1年とカウントしているわけですね。

ところが、この太陽暦は歴史的には150年ほどしか利用されていません。

というのも日本は長らく、太陰暦(正確には太陰太陽暦と呼ばれる)の方を長く使っていました。

こちらは太陽ではなく月の満ち欠けのサイクルを暦のベースにするというもの。

月の満ち欠けは約29.5日ほどの周期で、新月→満月→新月と変化していきます。

現代のカレンダーで使われている太陽暦と比較すると1年で12日ほど、3年で36日ほどと1ヶ月くらいズレてくる暦ということですね。

なので、途中で閏月(うるうづき)を入れ、約3年に1度くらいのタイミングで1年を13ヶ月で運用・調整していたものが、太陰太陽暦なんですね。

大人の事情で急遽スタートした太陽暦


どのような経緯で日本は太陽暦に変えたのかというと、明治時代に入り

・明治5年(1872年)は、12月2日で終わり
・次の日である明治5年12月3日を、明治6年1月1日にする

として太陽暦をスタートさせたそうです。

一説によると、明治4年に官僚たちの給料支払いが年俸制→月給制に変更となり、明治5年は閏月(1年が13ヶ月)のある年でした。

このままでは明治5年は13ヶ月分支払わないといけない、、、

明治時代の政府

それは、、嫌だな、、

と政府は考え、これまでの暦から太陽暦を採用することになったとか。

大人の事情満載ってことですね。苦笑

そのような事情から、長く使われていた太陰太陽暦はストップ。

明治6年となる1873年から太陽暦が使われ、約150年弱が経過して現在に至るという感じです。

宇宙視点でみると春分の日=新年がピッタリ


急にはじまることになった太陽暦ですが、日本のような四季の変化がある地域の暦は農業のサイクル、すなわち種を植えたり収穫したりするタイミングを知りたいニーズがあります。

そんな時、1年サイクルをどこからスタートすると良いか?というと、実は春分の日がピッタリなんですよね。

その理由は、

・農業など、種まきの時期が始まるのは春の季節
・昼と夜の時間が同じとなる日で、ここから昼の時間の方が長くなる
・太陽が真東から登り、真西に沈む日でもある

という点からも、春分の日というのはスタートという意味に適していますよね。

1年のうち、

・昼の時間が一番長い=夏至
・昼の時間が一番短い=冬至
・昼と夜の時間が同じ=春分の日・秋分の日

となりますから。

日本は農業がメインだった時代が長かったこともあり、春(春分)→夏(夏至)→秋(秋分)→冬(冬至)と季節をカウントする暦が自然だったので、長く太陰太陽暦を活用していたのでしょう。

こういう事情を知ると、1月1日にスタートする太陽暦よりは、春分の日を1年のスタートとする方がしっくりくる気がしませんか?

もちろん閏月がある年ない年が混在していると不便なので、地球が太陽を1周回る周期の暦のメリットも大きいですけどね。

春分の日(2022年)のホロスコープをリーディング


さて、占星術では春分の日からはじまる2022年はどんな1年になりそうか?というメッセージを読み解くことができます。

具体的には2022年の春分の日、春分点を太陽が通過した時間、日本の中心≒東京のホロスコープをリーディングするというやり方。

MEMO

春分点とは?

地球の赤道を宇宙側に延長させた時の線(=天の赤道とか言ったりします)と、黄道(地球からみた時に太陽が通る線)が交わる点のことを指していいます。

太陽と地球の関係性を宇宙から俯瞰してみた時、毎年ほぼ同じタイミングとなる点の1つですね。

ホロスコープを再掲します↓

ホロスコープには10天体が描かれていますが、年間のメッセージを読みとく時には、影響力が大きい天体=ゆっくり動く天体をチェックします。

すなわち

・冥王星
・海王星
・天王星

この3つの天体、占星術ではトランスサタニアングループと呼ばれていますが、土星(サタン)の外を回っている星ですね。

それぞれどんなメッセージになるか解説してみたいと思います。

冥王星からの影響は?


トランスサタニアングループの3天体のうち、最も影響力が大きいと言われている冥王星からリーディングしてみますね。

冥王星は破壊と再生のシンボルとして強力な影響力を及ぼすと考えられています。

>> 占星術ホロスコープで冥王星を読み解くと何がわかる?【冥王星=死と再生・限界突破の象徴】

2022年は山羊座の数え度数29度に位置していますが、太陽の周りを約250年かけて1周する天体で、2008年1月末に射手座から山羊座に入りました。


山羊座は

国・社会・組織などのシンボル

と言われています。

破壊と再生のシンボルである冥王星が山羊座に移動した2008年、リーマンショックが起きました。

>> 占星術ホロスコープで山羊座♑️を読み解くと何がわかる?【♑️=努力家の象徴】

単にリーマンブラザーズという会社が破綻しただけではなく、資本主義社会の中では大きな金融インパクト、国や社会や組織などが冥王星のシンボルとして象徴されるような破壊と再生がありましたよね。

さらに2020年1月13日は、冥王星と土星が重なりました。


土星は、社会の常識・ルールというシンボルがあります。

2020年1月ごろというのは、中国で新型コロナウイルスが見つかった時期と重なります。

コロナ禍の影響で、世界中の常識やルール(=土星のシンボル)が壊され、再生されていくきっかけが起きたと思います。

そんな冥王星ですが2022年は山羊座の数え度数29度の位置にいますので、ここのサビアンシンボルをリーディングします。

MEMO

サビアンシンボルとは?
ホロスコープは360度の円の形をしていますが、その1度1度に意味が与えられているものがサビアンシンボルと呼ばれています。
つまり山羊座でも、山羊座1度〜山羊座30度まで、それぞれ違ったメッセージが込められているのです。

山羊座29度:
A woman reading tea leaves.
お茶の葉を読む女性

紅茶などを飲み干した時に、カップに残る紅茶の葉の数や形・模様などをみて占いがあるのですが、偶然作られたものから情報を読み取るわけですね。

山羊座という現実社会の、今・ここにフォーカスして見えるものから、次の水瓶座という理想の未来を追い求めていくところの変化の兆しをリーディングしているメッセージになるかなと。

この山羊座29度に冥王星が位置するということは、変化の兆しに対して、破壊と再生のエネルギーが流れてくることを示しています。

海王星からの影響は?


冥王星に続いて、トランスサタニアングループの3天体のうち、冥王星の次に影響力が大きいと言われているのが海王星です。

>> 占星術ホロスコープで海王星を読み解くと何がわかる?【海王星=夢見・神秘の象徴】

海王星は夢見や神秘のシンボルと考えられていて、2012年から魚座に滞在して2022年も魚座の23.10度にいることが上記ホロスコープから読み取れると思います。

魚座は

福祉・奉仕精神などのシンボル

と言われています。

>> 占星術ホロスコープで魚座♓️を読み解くと何がわかる?【♓️=福祉・奉仕精神の象徴】

善も悪も、現実世界も目に見えない世界も、すべての境界線を曖昧にして包み込む奉仕精神にあふれるイメージ。

魚座の支配星が海王星なのですが、2012年から魚座に滞在し目に見えない世界やスピリチュアルな話が多い状況が、ずっと続いています。

そんな海王星は、2022年は魚座の数え度数24度の位置にいますので、ここのサビアンシンボルをリーディングします。

魚座24度:
An inhabited island.

人が住んでいる島

これはどんな意味があるのでしょうか?

魚座は水エレメント×柔軟サインで構成されています。

ここでいう水のイメージは、聖なるものも俗なるものの、現実世界もスピリチュアルな世界も全てごちゃ混ぜに混ざっている大きな海の状態を指しています。

また、魚座の次のサインが牡羊座という、命の誕生を示すシンボルであることから、魚座の水は人が誕生前の母体の羊水に例えられることも。

羊水の中で、まだ物質的な生命となる前段階の、魂とでもいうのでしょうか。

そのような目に見えない精神世界のようなところから、命の誕生という牡羊座に向けて、いよいよ「人」という具体なものが住んでいる島が登場したということですね。

つまり、もうすぐこの世に誕生する前の段階で、目に見えない世界から、目に見える形へと具現化していこうというメッセージなのかなと思いました。

天王星からの影響は?


トランスサタニアングループ最後の天体は、天王星。

天王星は革命的・理想の未来のシンボルと考えられていて、2018年ごろから牡牛座に滞在しています。

>> 占星術ホロスコープで天王星を読み解くと何がわかる?【天王星=革命的・理想の未来の象徴】

牡牛座は、自分の五感や感覚のシンボルになるので、2018年ごろからそれらのアップデートが続いている感じですね。

そんな天王星ですが、2022年は牡牛座の数え度数13度の位置にいますので、ここのサビアンシンボルをリーディングします。

牡牛座13度:
A man handling baggage

荷物を運ぶ人

さて、これはどんな意味になるのでしょうか?

牡牛座は地のエレメント×固定サインということで、着実に地に足をつけて継続して努力していくようなシンボルになります。

荷物を運ぶ人ということで、まさにせっせと自分の仕事を淡々とやっていくイメージになりますよね。

目標に向けて、やるべきことを着実に積み上げていく、堅実な努力家という感じです。

そこに、理想の未来に向けて革命していくシンボルの天王星が位置しているということは、革命的な行動といっても、まずは地道で着実なアクションの積み重ねが大切というメッセージかなと思いました。

2022年ホロスコープから「日本」に対してどのような影響がありそうか?


ここまでリーディングしてきた2022年春分の日のホロスコープですが、目に見える日常生活の具体的にどのようなシーンで影響がありそうか?

具体的なシーンを表しているハウスをチェックすることで、さらに詳しく見ていくことができます。

ここまでの、トランスサタニアングループからの読み解けるメッセージをまとめると次の通り。

・冥王星:偶然作られた変化の兆しに、破壊と再生のエネルギーが流れること

・海王星:目に見えない世界から、目に見える形に具体化していくこと

・天王星:理想の未来に向けて、荷物を運ぶ人のように着実に行動していくこと

これらが日本という国や国民全体に対して、どのような影響があるのでしょうか?

注意

「日本」を強調していますが、もしあなたが米国や中国、英国やインドネシアなど他の国に在住の場合は、サイン(星座)は同じですが、どの舞台で影響を受けるか?のハウスが異なってきます。

ご参考までに2022年の春分の日のタイミング=牡羊座0度の位置に太陽がきた瞬間の、アメリカ合衆国のホロスコープは下記の通り。

リロケーション占星術というのですが、春分の日というタイミングに、宇宙から地球全体で受け取るサイン(星座)からのメッセージは同じです。

しかし、国ごとにあらわれる影響、また「あなたの人生のどこの舞台で影響があるか」というのは、緯度・経度によってハウスも変化するため影響する場面も異なります。

冥王星から2022年の日本が受ける影響は?

まず冥王星からですが、上記のホロスコープは、日本(東京の経度・緯度)で作成しています。

ホロスコープを見ると1ハウスの終盤の位置に冥王星がいますが、ハウスの境界線5度前の天体は次のハウスでリーディングすると良い、というルールがありますので冥王星の影響は2ハウスで見ます。

所有、継承、お金

などを意味しているのが2ハウスとなります。

>> 占星術ホロスコープの2ハウスとは何か?【所有・継承・お金を稼ぐ】

ここから考えられることとして、日本が古来から持っていた素質や良さみたいなところが、破壊され理想とする未来に向けて再生していく兆しが見える2022年を示唆しています。

2ハウスはお金だったり所有物のシンボルにもなるため、日本全体で所有しているもの・継承してきたものの断捨離がはじまりそうですね。

ちなみにアメリカでは、下記のホロスコープの通り、8ハウスで影響を受けることになります。

8ハウスは、鍵付きの秘密の部屋というシンボルがありまして

・クローズドな環境、鍵付きの秘密の部屋
・深い絆や関係性、結婚相手
・相続、銀行、融資、契約、従属

などを意味しています。

>> 占星術ホロスコープの8ハウスとは何か?【鍵付きの秘密の部屋】

もしあなたが、アメリカに長く住んでいるというのであれば、結婚相手やビジネスパートナーなど深く濃く付き合ってきた人たちと、破壊と再生という強大なエネルギーが流れ込み、より深い関係性へと絆が深まるタイミングがくるともいえますね。

占星術を活用している人の中では、こうした地域によって受ける影響が異なる点を利用して、引っ越しを検討することもあり、リロケーション占星術とよばれていたりもします。

海王星から2022年の日本が受ける影響は?


続いて海王星です。

冥王星と同様に、海王星がいるハウスを確認すると3ハウスになります。

3ハウスのシンボルは

具体的な内容を、書いたり話したり教えたりすること

>> 占星術ホロスコープの3ハウスとは何か?【具体的な内容を書いたり話したり教えたりする】

要するに2022年の海王星からのメッセージとしては、精神世界やスピリチュアルのような目に見えない海王星の世界からの情報を、具体的にわかりやすく説明したり人に伝えること。

これまで現代科学では説明のつかなかった目に見えない世界の事象が、わかりやすく我々に説明されるような出来事が、2022年の日本で起こるかもしれませんね。

天王星から2022年の日本が受ける影響は?

最後に天王星ですが、同じようにどんな舞台で?というと5ハウスになります。

5ハウスのシンボルは

自己表現、自分の楽しみ

となります。

>> 占星術ホロスコープの5ハウスとは何か?【自分の楽しみ・自己表現】

つまり、日本が理想とする未来に向けて2022年に大事になることはあたかも荷物を運ぶ人のように着実に行動していくことを、自分の楽しみ・自己表現として表現していこうということ。

淡々と荷物を運ぶような毎日のルーティンを、自分の楽しさや自己表現として見出すことができるかどうか?

それが2022年の天王星から日本・日本人のメッセージかなと思っています。

2022年の「あなた」にとってどんなメッセージになるのか?

さて最後にケーススタディとして、「あなた」にとって2022年はどんな1年になるのか?

これを、私のホロスコープのケースで解説しながら、メッセージを読み解いていきたいと思います。

具体的には、2022年の春分の日のホロスコープを外側に、私の出生ホロスコープを内側に置く。

この2つを重ね合わせたホロスコープでリーディングしてみる、という手法を使います。

冥王星から2022年の片渕が受ける影響は?


まず冥王星ですが、山羊座の数え度数29度に位置しており、私のホロスコープ上では1ハウスになりますね。

1ハウス=個性、アイデンティティ

などのシンボルと言われています。

>> 占星術ホロスコープの1ハウスとは何か?【個性・アイデンティティ】

そしてアセンダントという自分が生まれたもった仮面、ホロスコープの中でも一番重要と言われている位置にも近しいです。

ここに冥王星の破壊と再生&限界突破のシンボル、山羊座29度が重なってくるのが私の2022年のテーマということなので、

まるでお茶の葉を読む女性かのように、偶然おきた変化の兆しをキャッチアップして、自分自身のアイデンティティを破壊と再生をする

そんな1年になるという感じに、リーディングできますよね。

まさにこのブログのように、占星術を使ってホロスコープをリーディングする中で、2022年という変化の兆しのメッセージを利用する。

そして自分自身の仮面や個性を、0ベースでアップデートする。

そんな2022年になりそうですよ、ということかなと思っています。

どんなアップデートになるのか?楽しみにしていてください。笑

海王星から2022年の片渕が受ける影響は?


次に海王星ですが、魚座の数え度数24度に位置しており、私のホロスコープ上では2ハウスになりますね。

2ハウス=所有、継承、お金

などのシンボルと言われています。

>> 占星術ホロスコープの2ハウスとは何か?【所有・継承・お金を稼ぐ】

所有とはどういうことかというと、自分の身体・才能・資質に関することだったり。

あるいは、物欲・金銭欲のようなものも2ハウスになるため、お金に関するテーマを扱ったりもします。

ここに海王星の夢見・神秘のシンボル、魚座24度が重なってくるのが私の2022年のテーマということなので、

・占星術のような目に見えない世界観を、目に見える形で表現することでお金を稼ぐ
・夢や神秘的な体験をヒントに、自分が持っていた才能や資質に気づく

などとリーディングできますかね。

目に見えない世界=占星術だけではもちろんありませんが、神秘的で不思議な世界のものを具体な形にする活動がよさそう、ということが言えますね。

天王星から2022年の片渕が受ける影響は?


最後に天王星ですが、牡牛座の数え度数13度に位置しており、私のホロスコープ上では3ハウスになりますね。

3ハウス=具体的な内容を、人に書いたり話したり教えたりすること

などのシンボルと言われています。

>> 占星術ホロスコープの3ハウスとは何か?【具体的な内容を書いたり話したり教えたりする】

ここに、天王星の理想の未来を目指して革命を起こしていくシンボル、牡牛座13度が重なってくるのが私の2022年のテーマということなので、

・自分が目指す理想に向けて、着々とやるべきことを行動するための方法論を、ブログにわかりやすくまとめる

理想の状態があっても、そこに1歩ずつ近づいていくためには、あたかも荷物を運ぶかのようにやっていく。

そのための継続の仕方だったり、ルーティンの方法だったりを、他人にわかりやすく説明したり教えたりする活動が重要ですね、というメッセージかなと。

ということで2022年も引き続き、ブログだけではありませんが、あれこれ情報発信は継続していきます。

ホロスコープをより深くリーディングするために


ということで今回は、占星術的に2022年という1年をリーディングし、日本や自分にとってどんな影響があるのか?

星からのメッセージをについてを読み解いてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

自分のホロスコープを作ってリーディングしてみたい!という方は、以下のサイトにアクセスし

ホロスコープが無料で作成できるサイト

・自分の生年月日
・出生時間(できれば母子手帳などを確認して正確なものであればなお良い)
・出生場所(都道府県や市町村、できれば生まれた時の産院の住所がわかれば最高)

を入れると無料で簡単に作れますので、やってみてください。

また、占星術を自分でも深く勉強してみたくなった!という方は、以下の本などが良いかなと思っていますので、ご覧ください〜。

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました。

今回のようなブログ記事をまた読んでみたい!という方は、こちらからメンバー登録していただけると嬉しいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください