仕事しすぎで集中力続かない時【カフェインやコンビニスイーツじゃなくって油がいいよ】

子どもたちは優雅に夏休み中ですが
大人達は毎日仕事だよ!という人も
多いかと思います。

 

ずっとエアコンが効いた部屋や
オフィスで仕事を進めていたとしても
集中力って長くは続かないですよね。

 

そんな時、気分転換にアイスコーヒーや
コンビニでスイーツ買ったりすることも
あるでしょう。

 

だけど本当に健康のことを考えたり
集中力を高めていきたいのであれば
気休めカフェイン・スイーツなどを
ずっと継続することはお勧めできず
良い油を取ることを意識すると良いので
今回は、そのようなお話です。

 

「油」と聞くと、なんだか高カロリーで
太りそうとか、コレステロール多くて
血管が詰まったりしそうというイメージが
あるかもしれません。

 

また油ってことは、ファーストフードで
ハンバーガーやポテトとか
コンビニでチキンとか買うほうがいいの?と
思われたかもしれませんが・・

 

そうではありません。

 

まず、そもそも「油」は大きく分けて
2種類あって「油」と「脂」ですね。

 

前者は、常温で液体、後者は常温で固体に
なるものを指しています。

 

身体には、どちらも必要ではありますが
現代の食生活からすると、重要となるのは
「油」の方になります。

 

「油」の中でも特に、体内では
合成することができないものは
食事からとるしかできないので
意識して積極的にとりたいところです。

 

具体的には、炎症を「抑える」働きがある
と言われるオメガ3系の油は、その1つです。

 

「炎症」と聞いても、あんまりピンと
こない人もいらっしゃるかもしれません。

 

例えば、蚊や虫に刺されたときに
赤く腫れてしまっている状態って
ありませんでしたか?

 

あれは、炎症が「起きる」ことで
体内の免疫機能を働かせている状態です。

 

で、必要な修復が終われば
今度は炎症を「抑える」ことで
平常の状態に戻していく必要があります。

 

イメージとしては、程度の差はありますが
炎症≒「火事」が起きている状態なので
消火活動する感じでしょうか。

 

このような炎症が起きる→抑える、というのは
身体のあらゆる症状としてみられるもので

 

・発熱する
鼻やノドにウイルスがつき、炎症を起こして
免疫を働かせている状態

 

・花粉症になる
→目や鼻の粘膜に花粉がつき、炎症を起こして
免疫を働かせている状態

 

・アレルギー
→腸が荒れていると、よく分解されていない
ものまで吸収してしまい、それを異物として
免疫が働いて炎症が起きている状態

 

というふうに見ることができます。

 

炎症を「起こす」方の栄養素も
必要ではあるのですが、現代の
食生活・ライフスタイルからすると
こちらはさほど気にしなくても大丈夫。

 

普通に生活していれば必要量以上は
十分取れますよ、という意味ですね。

 

むしろ炎症を「抑える」力が弱いと
風邪が長引く・花粉症が長引く
という状態になることからも
オメガ3系の油は普段から積極的に
とりたいものです。

 

で、オメガ3系の油は
何に多く含まれているかというと
魚(まぐろ・さば・いわし、など)や
亜麻仁油・エゴマ油・しそ油・魚油
などですね。

 

なので集中力が切れた時は
コンビニにかけ寄るよりも
むしろ回転寿司でもいいので
サクッと刺身の盛り合わせなどを
食べたほうが良いですね。

 

また、自宅でサラダなど食べる時も
先ほどご紹介した油をサラッと
かけるだけでもいいと思います。


マリネなど、良い油をかけてそのまま食べるのはおすすめ。

 

また、先日発達障害と食事の関係の話を
ブログに書いてみましたが、子どもも
大人も脳が大事なのは間違いないです。

 

>> 「発達障害がよくなる毎日ごはん」読んでみた【健康への知識は子どもの人生にも影響する】

 

学習機能の向上や知能に影響すると
言われているのが、オメガ3系の
油の中でもDHAというものです。

 

DHAは、頭が良くなる・・みたいな感じで
聞いたことがある方もいると思いますが
この理由として、脳は特に重要なものなので
体内でも特殊な「関門」が設けられています。

 

仮に変なものが体内に吸収されたとしても
「関門」が設定されている状態なわけですが
その関門を突破できるのは
オメガ3系の油の中でもDHAのみ。

 

そして、炎症を抑えるという点でも

 

・抗がん作用
・中性脂肪を下げる
・血圧を下げる
・血管のつまりをおさえる

 

という役割もあるので
仕事で長くパフォーマンスを発揮する
という意味でも、ちゃんと食事で
意識してとっておきたいものですよね。

 

DHAはサプリメントなどもあるので
そうしたものでもいいでしょうし
魚が好きであれば、外食でも積極的に
魚のメニューを選ぶと良いでしょう。

 

カフェインやスイーツは、短期的には
脳が覚醒したような状態になるので
即効性はあるように感じられます。

 

ところが、それが習慣になってしまうと
逆にカフェインや糖質が不足すると
イライラしたり・・という身体に
なってしまうので注意が必要です。

 

カフェイン依存や、糖質依存に関する
ブログもまた今度書いてみたいと思いますが
今回は、健康という側面だけではなく
仕事などでパフォーマンスを
あげる意味でも「油」を意識しておくと
いいですよ、というお話でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

今回のようなブログ記事をまた読んでみたい!
という方は、こちらからクルー登録していただけると
嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください