怪しい・・と自分が感じるものこそむしろ調べて勉強すべきだと思う3つ理由

こんにちは、片渕です。

相変わらず自由気ままな生活をしているのですが、最近ひょんなことから占星術を学び始めました。

前から占星術に興味があったから、というよりもむしろ

片渕

星占いとか、、全く興味ない。

占いって、非科学的でしょ。

それを職業とかにしている占い師って、なんか怪しそう・・苦笑。

という感じで、ネガティブに考えていました。

ところが実際に学び始めてみると、古代哲学・古代宇宙論をベースにしたロジカルなエピソードが出てきます。

もちろん現代科学の範疇を超えているので、非科学的な話が続くわけです。

だけど、5000年以上前から星からのメッセージをどう実社会に活かそうかな、という視点でみると面白い発見があるんですよね。

私はこれまで、16年ほど普通の会社員をやってきました。

その中で、会社員としてやっていくのに必要な学びは、多少なりともやってきたつもりです。

そうしたお金・時間を使っての自己投資はとても大切だと思って、過去にもそんなブログを書きました。

>>社会人としての自己投資は想像以上に大切で身近な人をも幸せにする
そして数年前に会社員を辞めて、名もなき一個人にはなるが、もっと人生楽しんで色んなことをやっていこう!と決めてから、これまで見向きもしなかった分野、むしろ直感的には「これ、怪しそう・・」と感じるものを学んでみること。

それが、今の自分にとってはとても役立つものが多かったし、自分の成長につながったと感じています。

ということで今回は、「怪しい・・」と今の自分が感じるものこそ、積極的に自分であれこれ調べて勉強した方がいい3つの理由について書いていきます。

理由1:直感で何かを感じるモノは、自分の興味関心の表れだから


まず、あれこれ調べて勉強した方がいいと思う理由の1つ目は、「怪しい・・」と感じた物事は、自分が興味・関心を持っていることが多いからです。

そもそも、なぜ「怪しい・・」と自分がそう感じるのか?

それは、今の自分にとって気にはなるが「よくわからないもの」であることが多いです。

多くの人は、そのまま「怪しいもの」としてラベルを貼っておく方が楽だし、調べるのも面倒なので放置する傾向がありますよね。

しかし、、

その壁を乗り越えて、自分であれこれ調べて勉強していくと、怪しいと感じていたものの輪郭が見え始め、実態を表してきます。

そうすることで、色々な知識を獲得した状態の自分にとって「いる・いらない」などの判断がしっかりできるようになります。

たくさんの情報に簡単にアクセスできる時代ではありますが、興味無いことには何も感じずスルーするでしょう。

何か気になるけれども、それをどう説明していいのか自分でもわからない状態なので、とりあえず「怪しい・・」で片付けるわけですね。

例えば私は、ここ数年の間でそう感じたものの1つとして

・お金や投資のこと

があります。

せっかくなので、自分が色々リサーチしてみた結果、「今はどう思っているのか?」については、後ほど書いてみようと思います。

「怪しい・・」で終わらせず、自分で興味関心を深堀すると、思わぬ発見(良い意味でも、悪い意味でも)できるので、個人的にはオススメしたいですね。

理由2:人間的に成長できるきっかけになるから


続いて、あれこれ調べて勉強した方がいいと思う理由の2つ目は、大人としての成長ができるからです。

「勉強」という言葉、どちらかというと子供の時に学校での勉強というイメージがあるかもしれません。

おそらく多くの人は学校や塾での勉強は、退屈だったことでしょう。

・何の役に立つかわからないけど、サボると親や先生に怒られるから、仕方なくやっていたなあ

・定期テストや受験あるから、あいつには負けたく無い、偏差値が1つでも高い学校に行きたいからがんばれたなあ

という人が多いのではないでしょうか。

しかし、、

実は勉強は大人こそやるべきと私は思っています。

仕事で忙しい大人たちは、勉強する時間がほとんど無いと言われていますが、人としてもっと成長するには、やはり一定の勉強は必要になるかなと。

特に、「怪しい・・」と感じる物事に対して。

これは、今の自分自身が持っている知識などが不足している状態で判断して、「怪しい」と抱く感情ですよね。

だけど、もう少し先の未来から、つまり勉強して成長した自分から見たら別の解釈ができるようになります。

例えば、「お金のこと」について。

残念ながら学校教育ではほとんど扱われないのですね。

でも、特に私と同世代で家族がいたり子供がいたりする人って、お金の問題って大きいですよね。

コロナ禍の影響で、大手と言われる企業も早期退職のニュースが飛び交うのを目にしたことがある人も多いでしょう。

真面目に企業に勤めていれば安心、という時代は終わりましたよね。

年収が年齢と共に右肩上がりに上がっていく人や、転職して給与アップし続けられる人というは、ほんの一部というのが現実かと思います。

毎日の生活を支える毎月の収入、将来の子供の教育費や自分たちの老後・自分の親世代への支援なども考えると、

贅沢は言わないけど、、もう少しお金を増やせると安心なんだけどな?

と思ったことは無いでしょうか。

そうしたときに、今日からどうしますかね?

・新しく資格を取ったり、セミナーなど受講して社内でのポジション上げられないかな?
 
・転職サービスに登録して、転職活動にチャレンジしようかな?
 
・(所属している会社が就業規則上OKであれば)副業しようかな?

など考える人が多いかもしれません。

まあ、そういう姿勢はとても良いとは思いますが、私がオススメしたいので、まずはお金のことを勉強してみるってことですね。

毎日の自分の生活から、日本や世界の経済・世の中の仕組みという視点で、お金の流れを学ぶという感じです。

中には、

嫌な仕事に対しても、がんばっていけば何とかなる・・!

という人もいるかもですが。

そうした精神論だけで終わらせるのではなく、勉強することも「がんばって」みるのが良いですね。

私的には、例えば先日読んだ以下の本なんかは、勉強しはじめるのにはとても良い本かなと思っています。

この本にも出ていますし、本全体の半分くらいのページ数が割かれて説明がありますが、まずは収入を増やす方に時間を費やすのではなく、毎月固定的に出ていくお金のところを見直すのが先決かなと。

具体的なものでいうと、

・スマホの通信料
 
・各種保険料
 
・電気代、ガス代

などは、すぐにできます。

家族や子供のために、自分や自分の大事な人たちへの将来のために、精神論ではなく具体的に学ぶ。

しっかり学び、実践することは、実は大人として成長するためのファーストステップではないでしょうか。

ぜひ、ご紹介した本などを参考にして、お金にまつわることを学んでみてください。

理由3:本当に怪しい話に騙されなくなるから


最後に、あれこれ調べて勉強した方がいいと思う理由の3つ目は、本当に怪しい話つまり詐欺に近いようなものに騙されなくなるから

例えば、「投資のこと」について。

投資というと真っ先に思い浮かべるキーワードとして、私的には「投資詐欺」なんかを連想してしまいます。。

詐欺にあったりして、大損して人生崩壊のイメージくらいしかなかった「投資」という言葉です。

最近では、つみたてNISAやiDeCoなどのキーワードを目にすることもありますよね。

少し前に「老後2000万円足りない問題」などがニュースにもなっていました。

もはや年金や終身雇用では支え切れないのが明確なので、国が一生懸命と投資を広げようとしているのもよくわかります。

そんな時代だからこそ、お金を得る手段として労働のみならず、お金そのものに動いてもらう視点を持つことはとても大事ですね。

わかりやすいのは貯金だと思うのですが、残念ながらメガバンクなどの普通預金の年金利は、0.001%ほど。

100万円を1年間預けてたとしても、10円

ですね。

私が子供の頃だと、郵便貯金の定期預金などであれば金利6%ほどでしたから

100万円を1年間預けると6万円という計算に。

経済成長している時代って、いいですね〜。

現代であれば、年利6%となると投資のことを勉強したり、具体的な金融商品を選んだりする必要がありますよね。

こういう時に自分で勉強せずに、「まずは証券会社や銀行の窓口に行く」と騙される・・という言い方は正しくないのですが、消費者にとっては、だいぶ分の悪い話が登場します。

例えばメガバンクの1つ、みずほ銀行のホームページに

「グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)(愛称:未来の世界(ESG))」

というものが紹介されています(2020年11月22日現在)


出典:https://fund.www.mizuhobank.co.jp/webasp/mizuho-bk/fund/pc/detail/2020072001.html

こちら購入時の手数料として3.30%、運用して年利1.848%とありますが、要するに初年度は5%ほど、そして毎年2%弱は手数料で引かれるわけですね。。

投資元本は保証されていない商品なのでマイナスになることもあるようですが、、少なくとも手数料でそれだけ引かれることは確定しています。

そういうものを選択するよりも、例えば

・楽天証券などネットで証券口座を開設

・つみたてNISAの対象となっている金融商品(=金融庁が厳選している200弱の商品)を選ぶ

をした方が、初心者には良いです。

怪しい金融商品、分が悪い金融商品は山ほど見かけますが、、少なくとも金融庁が厳選している商品は安心感ありますよね。

MEMO
「つみたてNISA」とは、投資で得られた利益は、その利益に対して一定の税金がかかるのですが、その税金がかからないというもの(厳密には、税金がかからない利益の上限はある)

中でも金融商品として人気なのは、

・eMAXIS Slim 全世界株式
→日本や米国・中国などの先進国から、これから経済発展が期待されるイケてる国の株に、バランスよく証券会社が投資をしてくれるもの
 
・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
→米国でイケてる会社の上位500に選ばれている会社の株に、バランスよく証券会社が投資をしてくれるもの
 
・eMAXIS Slim バランス
→株だけではなく、国内外の債権や不動産に、バランスよく証券会社が投資をしてくれるもの

このあたりと言われています。

その理由としては2点ありまして、

(1)特定の会社や商品に投資するというものではなく、投資のプロたちが、ざっくりイケている分野に広くリスク分散して投資をしてくれる
 
(2)運用手数料も0.11%ほどで安い(先ほどの、みずほ銀行は2%弱でしたね)

このあたりのことについても、先ほどご紹介した本にも少し書かれています。

例えばこうした投資の知識があるだけでも、同じ投資を考えるにしても、より良いものが選択できますね。

目の前に紹介された金融商品を勧められるままになんとなく選ぶのではなく、比較できたり適切な質問やリサーチができるようになりますから。

ということで今回は、怪しい・・と感じたものことこそ勉強してみましょう、というお話でした。

お金や投資の話を取り上げましたが、私的には占星術含め、その他にもいろいろ学んでみたものがあったので、また別のブログ記事にて書いていくつもりです。

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください