8歳の誕生日お祝いでスパリゾートハワイアンズに行ってみた!

4/14に長女が8歳の誕生日を迎えましたー。

片渕

プレゼント何がいい?どっか行きたいところある?

と以前から聞いていたのですが

・ニンテンドー3DSのマリオメーカー(ゲームね)欲しい!

・ハワイアンズ行きたい!

ということなので笑

DSは近所のゲーム屋さんで中古を買ってあげつつ、福島県にある「スパリゾートハワイアンズ」というホテルに家族みんなで遊んできました〜。

スパリゾートハワイアンズとは?

私は今回初めて行ったのですが、福島県いわき市にある広大なホテルで、文字通り

・スパやプールなど、大人も子供も遊べる施設が盛りだくさん

・フラダンスや、ファイヤーナイフダンサーのポリネシアンショー

などを楽しめるところで、実際に行ってみると予想以上に広大すぎて、とても1泊2日では全て回りきれなかったです。

それもそのはずで、例えばウォータースライダー1つとっても高低差&滑走距離が日本1だったり。

浴槽面積が1000平方メートルと世界最大の温泉があったり。

特に、永遠の25歳と8歳がタヒチアンダンスが好きで習っていて、以前1度だけ行ったことがあるんですよね。

タヒチアンダンスのショーも見ることができるようで

ファイヤーナイフダンスのパフォーマンスもすごいとか。

いずれも、ハワイアンズのホームページの画像ですが、事前期待は上がりますよねー。

おまけに

バイキング、めちゃ美味しかった!!

と8歳も言ってたので、とても楽しみな感じでした。

ところでなぜ福島県いわき市でハワイアン?

でも、ハワイアンや、タヒチアンダンスなどが、福島県いわき市とどんな関わりあるのかな?ハワイと姉妹都市とか?なんて思っていたのですが、実は違っているようです。

元々は炭鉱の町だった福島県いわき市、エネルギーが石炭から石油に変わっていく中で、炭鉱閉山の波が押し寄せてきたのですが、地元の温泉なども使いながら、常夏の楽園作り(観光業)にシフトしていったそうなのです。

本場ハワイでフラダンスを学んでいて、松竹歌劇団でも踊っていた「平山まどか」さんという方を東京から招き、いわき市の女性たちにダンスを教え始めたことから、フラガール発祥の地とも呼ばれ、ハワイをコンセプトにしたレジャー施設が誕生したんですね。

開業した昭和41年は、「日本初のリゾート施設」ということで話題にもなり、増改築などを繰り返して50年近く君臨している歴史あるところなんですね。

実際に行ってみると、もちろんホテルや、スパやプールはキレイではあるものの、昭和の時代からの名残を感じさせる雰囲気もチラホラありました。

さて出発!都内から無料バスもあるけれど・・

ということで色々楽しみにしていた1泊2日旅行なのですが、都内から無料バスも出ているようなんですね。

子連れ4人家族だと電車(特急)往復で3万弱かかるようなので、無料バスとかあるとありがたいですよねー

もちろんこの無料バスも、自家用車移動も考えましたが、3時間以上もかかるようでちょっと3歳には厳しいかも・・

そう考え、かつ電車好きの3歳に配慮して、電車(特急)で行ってきました。

道中はゲームしたり・・

相変わらずみんな自由な感じです笑

東京からハワイアンズ最寄の湯本という駅まで2時間程度。

湯本駅からタクシーや無料バスで10分程度でホテルに到着しました。

早速プールで遊びまくる子供たち笑

今回は、平日だったこともあり、プールやウォータースライダーなど、とても空いてました〜

3歳も、お姉ちゃんの浮き輪を使って、いろんなプールをバタバタ・・と泳いでましたね。

ただ、ネットで口コミとか見ると

・混雑しすぎてて超大変だった・・!

・宿やプールのスタッフ数と来場客数がアンマッチで悲惨だった・・

というネガティブなコメントも散見されてましたね。。

来週からは「しまじろう」初のプールイベントも行われるそうですが、

10連休のゴールデンウィークはきっと混雑して大変そう・・。

次に来るとしても、やっぱり平日がいいな・・!少なくともGWやお盆休みや年末年始などは避けた方が良さそう・・と思いました。

行ってみて感じたこと・・・人生楽しむためにもマインドって大切

ということで、混雑している休日ではなく平日に行けてよかった(片渕家は夫婦そろって割と自由人なので笑)ということだけではなく、行ってみて改めて思ったことがありましたので、最後に書いておきたいと思います。

それは、

・好きなことをどんどん叶えてあげるのっていいなー

・それを後押しする意味でも、自分たちも好きなことをどんどん叶えていきたい!

ということですね。

8歳は4月から小学校二年生になりまして、学校で勉強したり運動したり友達と遊んだりしてますけれど、出来るだけ好きなことをやって毎日楽しんで欲しいなと思っています。

ダンスでもいいし、ゲームでもいいし。

もし、勉強が好きになるんだったら勉強でもいいのですが。

好きなことを応援しあえる関係性って最強では?

100の家族いれば100の教育方針があるでしょうけれども、あんまり大人の事情で

・もうすぐ高学年になるからそろそろ塾に行かせよう

・この習い事をさせておいた方が将来きっと役に立つだろうから、と本人意向を無視して無理やり説得させよう

ってのは、極力やりたくないですねー。

親と子供、という関係性ではあるものの

片渕

子供の教育は親の責任だから

と正論だけ振りかざして、子どもという人間を尊重していない扱いは、あんまり好きじゃないかなと思います。

まあ、家庭の事情や方針にもよるので、それがベストであるとは言い切れませんけれども。。

ちなみに、旅行から帰ってきた8歳は、

今度は1ヶ月くらい、本物のハワイのホテル泊まりたいな〜

なんて真顔で言ってたので笑

片渕

おっと、これは、実現させるしかない・・!!

と燃えまくる大人たちでした笑

好きなことを実現させるにも当人の心持ちが何より大事

もちろん、そうしたことを実現させるには、お金が必要なのは間違い無いのですが。

私的には、お金と同じかそれ以上に

自分の時間が自由に使えるライフスタイルかどうか

・好きなことをやって人生楽しむマインドであるかどうか

というのも大切だなと感じています。

いくかお金持っている人であっても、

平日はもちろん土日も含め、ほぼ会社で仕事。年収は数千万もらっていて不満は無いが、家族・子供とほとんど会う時間もない・・

という人であれば、いい人生を過ごしているとは言えないのではないでしょうか。

もちろん、自分の好きなこと=100%仕事、なのであればそのワークスタイル・ライフスタイルで良いと思うのですが。

・若い時の苦労は買ってでもしろ

・何事も質素倹約で、石の上にも3年が当然で、努力や我慢の対価がお給料

・滅私奉公で愚直に真面目に生きることが美徳

という価値観の人には、、好きなことをやって人生楽しみたいとか言うと、チャラついていて不謹慎に思うんだろうなと感じています。

もちろん、毎日生活していると、自分の思い通りにならないこともたくさんあるし。

努力とか、苦労とか、我慢とか、現実的な社会生活するにはある程度要求されたりはしますよね。

でも、だからこそ、敢えて声を大にして、

・子どもたちには、好きなことをどんどん追求して人生楽しんでもらいたい・・!

・何よりも、大人たちが人生楽しんでいる姿をいつまでも見せ続けていきたい・・!

と言いたいですね。

自分なんかをはるかに飛び越えて、持っている才能をフル活用しながら、人生楽しんでいる子どもたちの姿を、あと60年くらいはみていきたいなーと改めて感じた楽しい旅行でした。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください