個別コーチングやコンサル、占星術セッションや占星術師養成講座を提供中(Tap Here!)

牡牛座満月&部分月食【2023年10月29日5時24分】少しだけ相手視点を取り入れて持って生まれた資質を振り返ろう

今回は、2023年10月29日の
午前5時30ごろに満月&部分月食となるので
今回の満月が示していることを
占星術的な視点でまとめてみました。

天空を12分割した時に「牡牛座」がある位置
厳密には牡牛座5.09度の位置で
月の反対側の位置に太陽がくるので
満月になります。

この満月のタイミングでのホロスコープは
下記の通りで、黒枠にご注目ください。

月が牡牛座という位置にいるタイミングで満月に

今回は部分月食となるわけですが
通常の満月と異なる点は月食は3次元で見ても
月の反対側の位置に太陽が来ている
こと。

満月と月食(新月と日食)の違いや占星術的な意味(ドラゴンテイル・ドラゴンヘッド)について

通常の満月は2次元で見たときに、月の
反対側の位置に太陽が来ると満月になりますが
今回の満月は3次元で見ても月–地球–太陽が
一直線に並んでいることから、非常に強い
エネルギーを持っていると考えられています。

新月&満月という自然の流れを活用する

さて今回も、新月&満月のホロスコープから導ける
メッセージと、実生活でどう活用できそうか?
について、ご紹介していきます。

約5000年前の古代ギリシャ時代から
脈々と受け継がれているという占星術の世界観で
新月&満月という約1ヶ月ごとに繰り返す
自然のサイクルを利用して、実生活で取り組むべき
テーマを導き出すことができるのです。

新月は、新しく物事をスタートするシンボル。

この理由は、新月から満月に向けた約2週間は
だんだんと月が大きくなっていく様子から
新しくスタートさせた物事が、段々と成熟し
成果につながっていくようなイメージが
想起できるから。

一方で、満月は振り返りや断捨離のシンボル。

満月から月が欠けて新月になっていく約2週間の
様子から、満月時点での成果を振り返り
そこから気づきや教訓を獲得したり
必要に応じて断捨離を進めていくことで
新月という0の状態へ進むイメージが
あるからです。

「牡牛座の位置にて満月」の意味

今回は牡牛座の位置で満月になるわけですが

「地のエレメント」と「固定サイン」

というものの組み合わせで、牡牛座は
構成されていると考えられています。

占星術ホロスコープの12星座(サイン)の意味や仕組みを解説します

「地のエレメント」とは文字通り
地に足をつけて着実に行動したり
五感を使って自分のペースで物事を進める
などの様子を表しています。

さらに「固定サイン」は今あるものを
体系化したり改善することで、次に
引き継いでいくことを示します。

この組み合わせで牡牛座の意味がうまれますが
詳細を知りたい方は下記もご参照ください。

占星術ホロスコープで牡牛座♉️を読み解くと何がわかる?【♉️=マイペースの象徴】

具体的なキーワードだけをピックアップすると
以下のような内容が当てはまります。

  • 音楽家、芸術家、料理人コレクター
  • 五感のセンス、芸術的才能、物欲
  • マイペース、平和的、実体験を重視
  • 血縁、優雅、地に足がつく、頑固
  • こだわり、素材重視、繰り返す持久力

今回は満月なので、自然のサイクルとしては
牡牛座テーマのものを振り返ったり
必要に応じて断捨離していく
のに
適したタイミングが訪れていると言えます。

例えば、毎日やっているルーティンの内容
そのものの成果を振り返ってみたり
自分の五感で心地よいものは何か?を
時間をとって確認し、必要ないものがあれば
断捨離をしたり。

部屋の片付けに始まり、自分の五感で
感じ取れる空間でノイジーなところを
整理整頓したり。

今回の満月という自然の流れを活かして
何か牡牛座のキーワードから、気になるものを
ピックアップし、取り組んでみては
いかがでしょうか。

サビアンシンボルを使って深読み

さらに今回の満月ホロスコープを深読みすると
牡牛座5.09度、これは数え度数6度で
満月になっていることが分かります。

ホロスコープは円形なので360度ありますが
この1度1度ずつに意味があると言われる
サビアンシンボルまで深読みすると

  • 牡牛座6度:
    A bridge being built across a gorge.(渓谷にかけられる建設中の橋)

というメッセージになるのですが
これはどういう意味になるでしょうか?

牡牛座は地のエレメントということで
文字通り地面や山などの大地、つまり
自分の土台となる身体や感覚などを
示しているわけですが、山と山の間にある
渓谷に、橋がかけられようとしている
建設中である、というのが今回の度数ですね。

つまり今自分が持っている土台(身体・感覚)
から、隣にある土台に手を伸ばそうとし
そことつながることで、

自分の土台に足りないものは何かな?
自分と他者の違いは?

などを学んでいる。

そういうタイミングであることが
牡牛座6度のサビアンシンボルからわかります。

また、6度という数字の「6」は六角形に
代表されるように三角形が反対向きに重なって
出来上がる図形となります。

このことから、相手(外)からの要求に
対して自分(内)からも要求に応えていく
レスポンスしていく意味が「6」にあるのですが
牡牛座が1度からスタートして「6」になり
自分以外にいる隣の「山」に橋をかけようとし
相手と比較したり、相手の様子を見ることで
自分が持っているものを知るというフェーズ

にいるわけですね。

対人関係能力という所までいくと、また違った
天秤座などのイメージになります。

しかし今回は牡牛座で、あくまでも自分が持って
生まれた資質や才能などに対して、隣に少し
手を伸ばしてみることで、自分が持っているものを
再確認したり磨こうとしている段階というのが
牡牛座6度のポイントになります。

今回は、満月というこれまでを振り返ったり
必要に応じて断捨離すると良いタイミング。

少しだけ相手視点・他者視点を取り入れて
自分が元々持っていたものを振り返り
次の成長のために不必要になったものがあれば
断捨離を進めていくと良い
でしょう。

どのような場面で具体的な影響が?

さて、このようなメッセージが日常生活において
目に見えるどこで影響が出てくるのか?

これをみるときは、ホロスコープのハウスに
着目することが読み解くことができます。

「7」という領域に月がいますよね

もう一度ホロスコープを見てみると
上図の通り、月が7ハウスという場所にて
満月になっています。

占星術ホロスコープの7ハウス【他者・パートナー・引き寄せやすい相手】&月・太陽・土星

7ハウスは、他者のハウスと言われ
不特定多数の相手だったり、引き寄せやすい人を
示すといわれています。

今回は、牡牛座テーマではありますが
牡牛座6度ということで、少しだけ
他者からの視点を取り入れて、自分が持っている
資質や才能を振り返ってみよう、ということが
テーマになっています。

そのため、例えばカフェなどで
自分のことを客観的にみてもらってどうか?

アドバイスやフィードバックをもらうのも
良いでしょうし、1人で黙々と振り返るよりは
職場の上司や同僚からコメントをもらう
などを意識するとよさそうですね。

そうすることで、普段では気が付かない発見や
気づきが得られやすいし、断捨離すべき
ポイントなども見つかりやすいタイミングが
来ていますよ、という事なので
ぜひ機会を作って、やってみてください。

今回の満月から「あなた」という個人への影響

さて、ここまでは日本(東京)全体での
満月ホロスコープを使って解説してきました。

なので、日本国民全体に言える話を
お伝えしていることになるのですが
ここからはさらに、

今回の満月→自分への影響

を個別にリーディングする方法をご紹介します。

以下のように、自分のホロスコープを内側に
今回の満月のホロスコープを外側にして
ハウスを確認する必要することで
「私」へのメッセージを見ることができます。

上記の図は、私のホロスコープを内側に
今回の満月のホロスコープを外側に重ねている
ダブルチャートといわれるもの。

私のホロスコープ上では、3ハウスに
月がいることが分かります。

3ハウスは知性のハウスと言われ、具体的な
内容を誰かに書いたり話したり教えたり
近所や兄弟など身近な場所・存在を示すシンボル。

占星術ホロスコープの3ハウス【具体的な内容を書いたり話したり教えたりする】&月・太陽・土星

そのため、例えば仕事においてマニュアルなど
具体的な内容をまとめたりするシーンにおいて
少し他者からフィードバックをもらったり
わかりやすく伝わっているかを確認する
のもいいでしょう。

また、自分の兄弟からコメントをもらってみたり
ちょっと近くのカフェなどで他者から
どう見えるか?をチェックしてもらうのも
よさそうですね。

ちょうど私も都心のカフェにて友人と会う機会も
あるので、そこで色々と自分が持って生まれた
才能や資質のようなところ、聞いてみたいなと
考えています。

あなたもぜひ今回の満月でのホロスコープを
読み解いて、少し他者の力も借りながら
自分が元々持っているものに対して
フィードバックをもらったり振り返ったり
してみませんか?

ということで今回は、2023年10月29日の
牡牛座満月のメッセージを読み解いてみました。

もしあなたも、自分のホロスコープにおいて
今回の牡牛座満月の影響を見てみたい・・!
というご希望あれば、生年月日・生まれた時間と
生まれた場所を教えていただければ
ホロスコープを出して回答させていただきます。

→連絡先はこちらからどうぞ

また新月&満月も含め、占星術を自分の
ライフデザインに活かしていくことを
テーマにしたセミナー&動画を
メンバーさん向けに公開しています。

アジェンダとしては以下の通りですが

  1. 占星術をライフデザインに活用するとは?
  2. 自分自身の設計図であるホロスコープ
  3. 人生におけるテーマを示す10天体
  4. 目に見えない性質や欲求を示す12サイン
  5. 目に見える場面を示す12ハウス
  6. 天体同士の位置関係にをみるアスペクト
  7. ケーススタディ:実際にリーディングしよう

もしご興味あれば、下記よりメンバー登録
していただき、ご覧ください。

→登録はこちらから

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください