マウントをとる上司や男女(彼氏彼女)が意味するもの…どう対処する?

・上司とはいえ、何かとすぐマウントを取ってくる人・・一体なんなの?

・いつも上から目線で、やたら攻撃的なあの人・・相手にすると疲れちゃう

毎日の仕事や生活の中で、そんなこと感じてしまうことありませんか?

今回は、そうした

・マウントをとる人たち(上司や同僚、男女問わず)は、なぜそんな言動を取りやすいのか?意味しているものは何のか?

・マウントをとる人たちへのお勧め対処法

についての話になります。

結論から言うとマウントをとる人たちは、必要以上に「不安」「怖れ」などを感じている状態なのですよね。

そんな人への対処法含めて、もう少し詳しく解説していきたいと思いますので、ぜひお読みください!

マウントをとる人の正体は・・「不安」や「怖れ」の状態

まず、マウントという言葉ですが、これは格闘技など相手の上に向かい合った状態で馬乗りになっている状態のことですね。

相手を批判したり、攻撃したり、すぐ自慢話ばかりする人も同様ですが、こうした人たち(会社の上司や同僚、彼氏や彼女、パートナーなどなど)は、基本的には「不安」や「怖れ」の状態で、そこから逃れたいのでマウントをとっているのです。

なぜ、そう言えるかというと、私が心理カウンセリングを少し勉強したことがあることと(いちおう証拠写真貼っておきますね笑)


会社員時代に人事を担当していて、述べ1000人近くの面談や個別相談の経験から、なのです。

不安から逃れたいから必要以上にマウントをとり(上に行き)たがる心理

では、どういう心理メカニズムからマウントをとる言動をするのでしょうか?

これは、本人に不安な気持ちがあるから、他者と比較して優位に立ちたがるわけなのです。

片渕

・私が言っていることの方が正しいのに・・!

・私が今まで、こんなにやってきたのに・・!

・私の方が大変なのに、、わかってくれない・・!

優位に立つことで「私は価値があるでしょ」と誇示したいわけですね。

そうしないと、自分には価値がなく、失敗していて、ダメな人間であるというような不安や怖れから、逃げたいのです。

自分の実績を必要以上にアピールすることで、なんとか威厳を保ちたいというプライド。

いろんな考えや価値観があって、どっちが優位とかは無いのに、自分自身の「自信のなさ」をカバーしたくマウントをとる言動が出てしまいます。

自分自身に劣等感を感じていたり、自己否定感が強い人は、他人と比較したり、他人の言動をあれこれ評価して、

片渕

それはいいけど、あれはダメ

など批判や愚痴を繰り返し、人を見下す傾向も。

でもさ…人と比較することは悪いことなの?


だけど人間なので、誰かとつい比較してしまうことは、あなたもあるでしょう。

人は安全を求め、安心したい生き物ですからね。

自分に余裕がなかったり、忙しすぎたりしていると、、、あなたもついマウントをとる言動が出たりすることありませんか?

私もあります・・。

だから、あなたがもしマウントをとってしまったとしても、自分を攻めたり、自分はダメだと思う必要はありませんよ。

片渕

今の自分は、不安な気持ちが多いんだな・・

などと、今の自分の素直な状態を認めてあげれば良いだけですから。

マウントをとる人への対処法は?


なので、マウントをとってくる人への対処法としては

片渕

ああ、あの人は今は不安なんだな・・

認めてあげることだけが一番の対処法になります。

マウントをとる人に対して、こちらもマウント取り返すようだと、おそらく口論が終わらず生産的な会話は難しいですからね・・。

ということで、具体的な対処法としては3つあるかなと思っていますので、1つずつご紹介していきますね

淡々とやり過ごす


1つは、過剰に反応することなく、淡々とやり過ごすのが良いですね。

マウントされると色々とイラっとくることもあるでしょうけれども、そこにこちらも乗っかってしまってはダメです。

生産性0どころかマイナスな時間が増えてしまうだけですし、こっちも疲弊してしまうだけなので・・

弱い犬ほどよく吠える

とも言いますが、相手は不安に怯えている犬なんだな・・と思いましょう笑

片渕

はい、わかりました。

と返事だけして、やり過ごすことですね。

逃げる


もう1つは、逃げるという選択肢ですね。

可能であれば、そういう人との関わりを減らす、避けるようにするということです。

相手を変えようとするより、自分の方から変わりましょう。

つまり、自分がそこから遠ざかるようにした方が早いと思います。

職場であれば、異動希望を出したり、転職を考えるきっかけとして、まずは転職エージェントに登録してみるところから始めるのもいいですね。

ただ、注意して欲しいのは、例え部署や会社が変わることになったとしても、一定数はマウントをとる人は必ず存在します。

そして、その時の心理状態によってはあなたも、私も、誰しもがマウントをとる可能性があることは覚えておいてください。

彼氏・彼女の場合や、パートナーの場合は、マウントをとる言動は嫌であることを伝えていくことからですね。

それを続けてみて、、もし変化なければ自分から離れていくことを考えた方が良いです。

・我慢し続けること

・反論して常にケンカする

という方法もあるのかもしれませんが・・あまりオススメはできません。

長い目で見ると結局は関係性を終わらせた方が良い、ということにもなると思うので、自分の忍耐力との相談ではありますが、逃げる・離れるという選択肢も頭に入れておきましょう。

自分が尊敬する人だったらどう振る舞うか?を考える


最後にオススメしたいのは、

自分が尊敬するあの人だったら、、こういう時はどう考え、どう振る舞うかな?

と自問自答できると最高ですね。

「淡々とやり過ごす」「逃げる」の2つも片渕が尊敬する人だったら、

片渕

きっとこうするだろうな・・?
からのアイディアではあるのですが。

一番良いのは、あなたが尊敬する人・目標としている人だったら、どうするか?を自分に問うてみるのがいいですね。

もしかしたら

片渕

売られたケンカは必ず買って、徹底的に叩き潰す!!

が最良の選択肢かもしれません。

このように、ここまでお読みいただいたあなたであればお気づきかと思うのですが、こうしたコミュニケーションの問題って正解が無いんです。

なので、私案はご紹介しましたが、本当はあなたがベストである方法を見つけて対処していけると理想です。

だけど、まずこうしたマウントを取ってくる人たちの状態って、結局は不安な心理状態を意味しているのね、ということを知っているだけでも気持ち変わりますよね?

そして、私もそうですが、あなた自身にもそういうこともあるでしょう。

だから、マウントする人を攻めたりせず、みんなの考え方や物の見方は違うハズだから、okを出していきましょう。

その上で、自分なりの対処法を見つけていけたら最高だなと思っています。

最後に:本などを読んで選択肢を広げてみるのも良いですよ


ということで、このあたりの話をもっと自分であれこれ学んで、知識を広げていきたいなと思ったあなたには、いくつか本などを読んでみると良いでしょう。

心理系やコミュニケーション系の話は本屋に行けばたくさんあるし、ネットでもたくさん見つけられますよね。

私的には、最近見つけたよかった「きい」さんの本や、インスタはわかりやすくてよかったので、ご紹介しておきますね

インスタはこちらになります〜

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください