個別コーチングやコンサル、占星術セッションや占星術師養成講座を提供中(Tap Here!)

ソード5の意味やメッセージを数の原理から解説&コーチング的な活用について

今回は、78枚で構成されるタロットカードのうち
小アルカナと呼ばれる56枚のソード5に関して
数の原理から見た時の意味やメッセージ
そしてコーチング的に日々どのように活用すると
良さそうか?を解説していきます。

タロットカードはたくさんの種類があり

「全部の意味を覚えきれない・・」

という課題を感じている人もいると思いますが
数の原理から考えると、大枠を外すことなく
意味やメッセージを導き出すことができます。

その上で、あなたの好きなデッキの絵柄から
意味をプラスしていくと、あなたにしかできない
豊かなタロットカードの活用につながりますよ。

ちなみに私は、マカロンタロットの絵柄が
好きなので、こちらを使っていきますね。

最近、マカロンタロットVer.4
という新しいバージョンも出たようです。

小アルカナの世界観について

その前に、簡単に小アルカナ56枚の世界観
についてご説明すると、火・地・風・水の
4つ世界ある、と想像してみてください。

  • ワンド(火)の世界
  • ペンタクル(地)の世界
  • ソード(風)の世界
  • カップ(水)の世界

その4つの世界に10のイベントがあり
そして4人(ペイジ、ナイト、クイーン、キング)
が住んでいるというのが、小アルカナの全体像。

タロットカード【小アルカナ】全体像を数の原理から解説&コーチング的な活用について

今回はソード(風)の5についての
解説になりますが

「エレメント × 数や住人」

でのリーディングを前提にすると、

  • 56枚のカード1つ1つの意味を
    覚える必要がない
  • デッキによって異なる絵柄でも
    カードの意味が偏ることがない
    (そもそも絵柄が無いものもある)

というメリットがあるのでオススメです。

ソード(風)の世界とは

続いて、ソード(風)の世界についてですが
矢印で示すと左右の方向(← →)で
風が吹いてモノが飛び散らかっている様子から

  • 分散・分離、客観性、識別力
  • 自分と相手を切り分ける
  • 視野を広げる、風通しが良い
  • 知識、情報処理、対人関係
  • コミュニケーション能力

などの意味がある世界になりますが
どのような印象を持ちましたか?

「自分のことだな・・!」

などと親近感を感じたのであれば
あなたは風の世界に強みがある人なのかも
しれませんね。

「ちょっと普段の自分とは違うかも・・」

ということであれば、風の世界をあまり経験
していないかもしれませんので
ソードのカードが出た時は
積極的にトライしてみるといいでしょう。

占星術を知っているのであれば
同じく風のエレメントである
双子座、天秤座、水瓶座の3つのサインを
イメージしてもらえればと思います。

占星術ホロスコープで双子座♊️を読み解くと何がわかる?【♊️=フットワーク軽い好奇心旺盛な人の象徴】

占星術ホロスコープで天秤座♎️を読み解くと何がわかる?【♎️=プロデューサーの象徴】

占星術ホロスコープで水瓶座♒️を読み解くと何がわかる?【♒️=普遍的な理想の未来を求める革命家の象徴】

ソード5を数の原理から見ると

さて、そのようなソードの世界において
10のイベントがある中で、今回は「5」。

大アルカナであれば法王のカードが
5番目のカード。

法王(5番目)のカードについて数字・絵柄からの意味やメッセージを解説します。

このカードには、自己主張・自己表現する
という意味があります。

そのため、ソード5のカードには

  • 妥協せず、自分の意見を前面に押し出す
  • 切れ味鋭くシャープに表現する、風刺
  • 出し抜く、知能犯のような知性の鋭さ

というような、風エレメントに象徴されるものを
自分の意思を持って、外に向かって表現したり
活用するようなイメージがあります。

マカロンタロットの絵柄を見ると
自分が持っている剣を、自慢して
お披露目している様子になっていますが
自分自身の知性などを、外に向けて
魅力的に表現している状況ですね。

他のエレメントの世界から見ると

  • 謙虚さが足りないのでは・・?
  • 自分のことしか考えていない
  • 客観さや冷静さに欠ける

という気持ちになるかもしれませんね。

コーチング的に活用する場合

最後になりますが、例えばタロットカードの
「今日の1枚引き」などをした時に
このカードが登場した場合、どのように
活用すると良いでしょうか?

ポイントとしては、偶然出てきたこのカードから
問いをもらう、と考える
と良いですね。

このカードが意味することと、自分自身の
今の関心ごとや、今日の予定などについて
タロットカードに聞いてみた結果
出てきたカードという感じですね。

なので、セルフコーチングのように活用する
イメージになります。

では、ここからは具体的に

「健康・仕事やキャリア・人間関係・お金」

の4つに関して、あなた自身が気になるテーマ
として設定した時、ソード5が登場した場合
どのようなことが読み取れるかを解説します。

また、カードが逆位置で登場するケースも
あるでしょうけれども、逆位置であればカードの
キーワードに対して「過剰or不足」という意味を
付加すると扱いやすくなります。

タロットデッキの種類によっては、そもそも
「逆位置」が存在しないものもあるため
カードの元々のキーワードはブラさずに
スパイスのように付け加え
るイメージですね。

健康関連をテーマ設定していた場合

健康関連であれば、これまで学んできた
健康に関するノウハウを誰かにお披露目したり
SNSで発信して表現していくことが
考えられますね。

生活習慣や食習慣、睡眠や心身のリラックスなど
健康増進のためには、たくさんの情報が必要に
なってくるので、そうしたものを伝えることを
考えてもいいタイミングなのでしょう。

また、ジムで運動したり、健康を意識した
バランスの良い食事などをSNSなどに
アップするなども、ソード5からのメッセージを
活用していると言えそうです。

もし逆位置でカードが登場したのであれば、

  • 知識をひけらかすばかりになってしまう
  • 知ったかぶりでいい加減なことを発信

ということになるかもしれませんので
その点には気をつけましょう。

仕事やキャリア関連をテーマ設定していた場合

続いて、仕事やキャリアであれば

  • 仕事で担当しているプロジェクトにおいて
    自分が知見があることを、メンバーに
    レクチャーしたり説明していく日
  • 会議の場面で、シャープな意見を言ったり
    自分の主張を前面に押し出すと
    物事がうまくいくタイミング
  • 将来のキャリアアップに向けて、自分の
    経験・経歴を魅力的に外に伝えていく時

このような意味になりそうですね。

逆位置であれば

  • 知識はあるが、整理できておらず
    あまりうまく周囲の人に伝わらない
  • 自分自身の経験をアピールしすぎて
    周囲の人からネガティブに思われてしまう

ということがあるかもしれません。

人間関係をテーマ設定していた場合

では、人間関係でどのようになるかといえば

  • 相談に乗ってきた相手に対して、自分の
    知識や経験を使って教えてあげるタイミング
  • 妥協せずに、自分の意見や考えを
    しっかり発信していくと良い日
  • 受け身にならず、相手とのやり取りを
    積極的にリードすると良い

このような意味になりそうですね。

逆位置であれば

  • 相手の意見を聞かずに、自分が主張する
    方向へと誘導してしまう
  • 相手の気持ちを軽視してしまい
    コミュニケーショントラブルになりがち

という点に注意しておくと良さそうです。

お金をテーマ設定していた場合

お金や金運などであれば

  • 新しい収入獲得や副業に関する知識を
    誰かに伝えたり、教えてあげる日
  • 投資で成果が出て経験を、誰かに伝えたり
    成果をアピールするタイミング
  • 金運や開運スポットに行き、SNSなどで
    フォロワーさんにお知らせすると良い

このような意味になりそうですね。

逆位置であれば

  • お金に関するアピールばかりで
    周りの人たちから、ひんしゅくを買う
  • 調子に乗ってしまい、ルール通りに
    投資行為をせず大きな損失を出してしまう

このような意味になりそうですね。

ここまで

「健康・仕事やキャリア・人間関係・お金」

の場合についてまとめてみましたが
ぜひあなたが気になるテーマを想像しながら
カードを引いてみてください。

それを繰り返していくと、今の自分にとって
ピッタリのカードを引き寄せることにも
なりますし、直感力が鍛えられるので
オススメ
ですよ。

ということで今回は、ソード5の
意味やメッセージを数の原理から解説
&コーチング的な活用について
まとめてみました。

今回の記事を参考にしつつ、あなたの好きな
デッキにある絵柄をプラスして
メッセージを導き出して活用してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

最近、マカロンタロットVer.4
という新しいバージョンも出たようです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください