個別コーチングやコンサル、占星術セッションや占星術師養成講座を提供中(Tap Here!)

牡牛座の満月&皆既月食【2022年11月8日20時1分】自分が琴線に触れたことを大切にして振り返ろう

今回は、2022年11月8日20時1分ごろに満月
になりますので、そこからのメッセージを
まとめています。

占星術的にいうと、天空を12分割した時に
「牡牛座」がある位置、厳密には牡牛座16.0度
という場所で、月の反対側に太陽がきます。

この満月のタイミングでのホロスコープは
下記の通りで、赤枠で囲んだところに
ご注目ください。

さらに今回は、日本でも見られる皆既月食
というタイミングでもあります。

皆既月食は通常の満月と異なり
以下の記事にも書いていますが
上から見ても横から見ても
太陽・地球・月が一直線に並ぶという
珍しい天体ショーのことをさしています。

>> 満月と月食(新月と日食)の違いや占星術的な意味(ドラゴンテイル・ドラゴンヘッド)について

占星術的には、とても強力な満月
という意味合いになりますね。

さて今回も、新月&満月のホロスコープから導ける
メッセージと、実生活でどう活用できそうか?
について、ご紹介していきます。

占星術の世界観では、新月&満月という
約1ヶ月ごとに繰り返す自然のサイクルがあります。

新月は、新しく物事をスタートするシンボル。

その理由は、新月から満月に向けた約2週間
だんだんと月が大きくなっていく様子から
スタートさせた事柄が実り・育つイメージが
あるからです。

一方で、満月は振り返りや断捨離のシンボル。

満月から月が欠け、約2週間後の新月に
向けて変化していく様子から
成果を振り返ることで気づきを得たり
必要に応じて断捨離していくイメージが
あるからです。

今回は牡牛座での満月ですが
牡牛座は「地のエレメント」と「固定サイン」
というものの組み合わせで構成されています。

>> 占星術ホロスコープの12星座(サイン)の意味や仕組みを解説します

地エレメントというのは文字通り
地に足がついていて堅実な様子
それが固定しているということで
物事を自分のペースできっちり
積み上げていくような意味があります。

>> 占星術ホロスコープで牡牛座♉️を読み解くと何がわかる?【♉️=マイペースの象徴】

よって牡牛座は、下記のようなキーワードが。

  • 音楽家、芸術家、料理人コレクター
  • 五感のセンス、芸術的才能
  • 物欲、マイペース
  • 平和的、実体験を重視
  • 血縁、優雅、地に足がつく、頑固
  • こだわり、素材重視、繰り返す持久力

今回は満月ゆえ、自然のサイクルとしては
牡牛座テーマを振り返ってみて
必要に応じて断捨離するようなメッセージ
になりますね。

例えば、自分の実体験からの学びを
整理してみるとか。

地道に積み上げてきたものを振り返るとか。

物欲の限りで集めてしまったものを
断捨離するとか、ですかね。笑

さらに満月のホロスコープを深読みすると
牡牛座16.0度、これは数え度数17度で
満月
になっていることがわかります。

ホロスコープは円形ゆえ360度ありますが
この1度ずつに意味があると言われる
サビアンシンボルに注目すると

牡牛座17度:

A battle between the swords and the torches.

剣とたいまつの間の戦い

というメッセージにあるのですが
これはどういう意味になるでしょうか?

まずここでいう剣というのは
物事を切り分ける・分散させていく
という意味で風のエレメント。

それから、たいまつという
燃え上がる火のエレメント。

これらが戦っている状態ということですね。

牡牛座という地に足がついた
自分の五感で感じるものを大切にする
シンボルに、火と風というエネルギーを
プラスさせていくことで、
五感を超えた、何か自分の心だったり
第六感や直感のようなもので物事を
見ていきましょうという話になります。

自分の視覚しか信じていないのであれば
目には見えない世界の話は
とても信じることはできないでしょう。

また、自分の五感は、どちらかというと
自分の外側にあるものを検知する役割が
多いので、心で物事を感じることや
自分が琴線に触れたことを大切にしよう
というメッセージになるかなと考えています。

今回は満月となるタイミングなので
自分が琴線に触れたことを振り返ったり
そこからの学びや教訓を得たり
必要に応じて断捨離を進めると良さそうです。

このように牡牛座満月のメッセージを
読み解くことができるのですが
日常生活において、目に見える具体的な
場面としては11ハウスという場所で
おこる満月となります。

11ハウスは理想のハウスと呼ばれて
友人や気の合う仲間と、自分たちが思う
理想をワイガヤしながら語り合う場所を
示していますね。

>> 占星術ホロスコープの11ハウス【理想・友人・オープンなコミュニティ】&月・太陽・土星

なので、1人で振り返りをするというよりは
気の合う友人たちとおしゃべりしながら
自分たちが琴線に触れた出来事などを
振り返ってみると良さそうです。

ただし、厳密な自分への影響を
リーディングするためには、
以下のように
自分のホロスコープを内側に
満月のホロスコープを外側にして
ハウスを確認する必要があります。

上記の図は、私のホロスコープを内側
今回の満月のホロスコープを外側に
重ねているダブルチャートといわれるもの

私のホロスコープでは、3ハウスで
満月からの影響を受けることになります。

3ハウスは知性のハウスといわれていて

  • 具体的なものや身近なものを
    書いたり話したり教えたり
  • 初等教育、ノウハウ
    テクニック、ケーススタディ
  • 近所や近場、国内旅行、散歩
  • 兄弟や姉妹との関係

などの意味があります。

>> 占星術ホロスコープの3ハウス【具体的な内容を書いたり話したり教えたりする】&月・太陽・土星

最近は占星術師養成講座などもはじめ
他人に具体的に説明したり話したり
ということも増えてきたため
何かこのあたりで自分が琴線に触れた
経験などをもとに、自分を振り返ってみよう
というメッセージかなと考えています。

あなたも今回の牡牛座満月のタイミングで
自分が琴線に触れた経験をもとに
振り返りなどを行ってみませんか?

ということで今回は、2022年11月8日の
牡牛座満月からのメッセージを
読み解いてみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

もしあなたも、自分のホロスコープで
牡牛座満月からの影響をよんでみたい!
ということであれば、こちらに登録の上
生年月日・生まれた時間・場所を
教えていただければ、ホロスコープを出して
簡単なコメントを添えて
回答させていただきますね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください