山羊座の満月【2022年7月14日3時39分】勝負事に負けた時こそ引き際の美学を持ち人格を磨くチャンス

今回は、2022年7月14日3時39分ごろに満月
というタイミングになりますので
そこからのメッセージをブログにまとめています。

 

占星術的にいうと、天空を12分割した時に
「山羊座」がある位置、厳密には山羊座の
数え度数22度という場所に月が来て
地球から見てちょうど180度反対側に
太陽が来ます(=満月)。

 

今回の満月のタイミングでのホロスコープは
下記の通り。

 

今回も、新月&満月の占星術的な意味や
そこからのメッセージを実生活でどう活用するか?
ご紹介していきます。

占星術の世界観では、新月&満月という
約1ヶ月ごとに繰り返される
自然のサイクルを活用して、今回であれば

 

山羊座の新月
=山羊座シンボルのテーマをスタートしてみる

 

山羊座の満月
=約半年前に訪れた、山羊座新月にスタート
したことを振り返る・手放していく

 

というような、新月に物事を新しくスタートして
満月で振り返りをする願望実現法が
流行っています。

 

同じサイン(今回でいえば山羊座)で
新月→満月になる期間は約半年間となります。

今回は山羊座満月のタイミングですが
山羊座は、地のエレメント×活動サイン
の組み合わせで構成されています。

>> 占星術ホロスコープの12星座(サイン)の意味や仕組みを解説します

 

地のエレメントは、文字通り
「地」面や土台といったものを表しています。

 

また、活動サインは突発的に
何かをスタートさせるシンボル。

 

これらのかけあわせで山羊座ができているので
地に足がついた現実社会の中で
活動を行なっていく様子から

 

実社会の中で活動したり努力していく様子

 

を山羊座は表しています。

>> 占星術ホロスコープで山羊座♑️を読み解くと何がわかる?【♑️=努力家の象徴】

 

実社会の中で努力してステップアップする
イメージから派生して

 

集団社会をまとめる統率者、社会のリーダー
地位、名誉、ステイタス、伝統を重んじる
常識、ルール、努力、目標達成

 

このあたりも山羊座のシンボル。

 

願望実現法からの視点で言えば
今回は満月なので、山羊座テーマに関して
振り返ってみる・手放してみるタイミング
となりますね。

 

さらに今回の満月となる場所は
山羊座の21.21度、つまり数え度数が22度。

 

ホロスコープは円形なので
360度の1度ずつそれぞれに意味がある
と言われるサビアンシンボルまで深読みすると

 

山羊座22度:
A general accepting defeat gracefully.
敗北を潔く受け入れる将軍

 

というメッセージになるのですが
これはどういう意味になるでしょうか?

 

山羊座は、例えば仕事の中で出世争いをしたり
競合他社とコンペで競争して勝つために
努力をしているイメージになります。

 

ただ、勝つこともあれば
当然負けることもありますよね。

 

これはビジネスに限ったことではなく
スポーツでも何でも、他者と競争しながら
勝負をかけていくことは日常的にあります。

 

しかし、勝者は基本的には1人だけで
あとは敗者となります。

 

ここで、敗者として言い訳したり
他者のせいにしたりする人がいますが
失敗や負けた時こそ自分自身の美意識が
問われますよね。

 

要するに、競争に負けたからこそ
高潔さや、さらなる努力を継続すること
他者に勝利を譲ることでの
器の大きさを育む
ことができます。

 

今回そうしたメッセージのある位置での満月。

 

負けた時や失敗した時こそ
自分なりの引き際の美学を持って
勝負事・競争事を振り返り、そこでの経験を
学びとするタイミングが訪れている
といえるでしょう。

さて、そんなタイミングで私は
何しようかなと考えていたのですが
今回の満月は引き際の美学という視点で
自分を振り返ってみるメッセージになりますよね。

 

私はちょうど来週が誕生日になるので
せっかくなのでこのタイミングで法人化
しようと準備を進めているところです。

 

元々はずっと会社員をやっていましたし
自分自身のキャリアアップというのは
常に目指していました。

 

しかし、このまま会社員としての
キャリアアップというと、せいぜい

 

・今とは異なる部署へ異動をしてみる
・転職してみる

 

という選択肢くらいしか
思いつきませんでした。

 

そこで、SNSなどを駆使してリサーチを
続けた結果、別の選択肢の可能性も
見えてきたわけです。

 

他者からみると、会社員としてのキャリアを
諦める・勝負から降りるという形に
見えたかもしれません。

 

だけど、退職してから約4年ほどが経過し
たくさんのご縁に恵まれた結果
自分が選択した道は間違いなかったし
もっとこの方向で成長していきたいなと
感じています。

 

会社員というキャリアだけに固執していたら
また違った人生だったとは思いますが
結果的には自分の人生は
どんどんアップデートできました。

 

それはビジネス的な話だけではなく
北海道でワーケーションしたりという
ライフスタイルの変化や、健康に関する
投資や実践もできています。

 

ある意味、会社員としてのステップアップ
という勝負事から身を引いた
自分の引き際の美学に基づいて行動したからこそ
別の形で、法人化して成長するところまで
来れたのかなと。

 

実施、法人化なんて少しのお金と
ググる力があれば誰でもできるんですけどね。笑

 

もちろん勝負事は、絶対勝てるよう
努力はすべきと考えています。

 

しかし、時には負けることもあると思いますし
負けた時の態度・姿勢にこそ、その人なりの
哲学・人格が見え隠れすると思います。

 

これからもたくさん失敗するでしょうけれども
ちゃんと自分なりの美意識は大事にしつつ
努力やチャレンジは継続していきたい。

 

そんなことを山羊座満月というタイミングで
振り返ってみると気づきがあるなと思っていますが
あなたも今回の満月にて
山羊座のテーマに関して振り返ってみませんか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

今回のようなブログ記事をまた読んでみたい!
という方は、こちらからクルー登録して
いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください