双子座の満月【2021年12月19日13:38】ゼロリセットのタイミングが到来

こんにちは、片渕です。

今回は、2021年12月19日の13時38分ごろに満月というタイミングになりますので、今回はそこからのメッセージをブログにまとめています。

占星術的にいうと、天空を12分割した時に「双子座」がある位置、厳密には双子座の数え度数28度という位置で、太陽が180度反対の位置になります(=満月)

満月のタイミングのホロスコープは下記の通り。

今回も、新月&満月の占星術的な意味や、そこからのメッセージを実生活でどう活用するか?について、ご紹介していきます。

新月はスタート|満月は振り返り


占星術の世界では、新月&満月という自然のサイクルを活用して、

●双子座の新月=双子座シンボルのテーマをスタートしてみる
●双子座の満月=約半年前の双子座新月にスタートしたことを振り返る、手放していく

というような、新月に願いごとして満月に振り返りをする願望実現法が流行っています。

今回は双子座で満月となるタイミング。

占星術の世界観では、双子座は風エレメント×柔軟サインというもので構成されていて、キーワードとしては、フットワーク軽い好奇心旺盛な人の象徴と言われています。

占星術ホロスコープで双子座♊️を読み解くと何がわかる?【♊️=フットワーク軽い好奇心旺盛な人の象徴】

風のように次から次への興味関心の気持ちがうつっていく「風のエレメント」が、状況に応じて「柔軟」に変化していく様子から、

・臨機応変に対応する
・あれこれコミュニケーションする
・書いたり話したり教えたりする

このあたりが双子座のシンボルになります。

ようするに、これまであれこれやってきたようなことを一度腰を据えて振り返ってみたり、必要に応じて断捨離をしてみるタイミングと言えるでしょう。

ちょうど12月も後半に入りましたが、新年に向けた部屋の片付けや断捨離だけではなく、情報収集や他者とのコミュニケーションを振り返りを見直しも必要なのかなと思います。

双子座の28度にはどんな意味が?


さらに今回の満月となる場所は、双子座の数え度数が28度という場所。

サビアンシンボルと呼ばれる、360度のうち1度それぞれに意味があるところまで深読みすると

双子座28度:
A man declared bankrupt.

破産宣告をされた男

というメッセージになるのが、双子座の28度のシンボル。

なんだか強烈なメッセージですね。

破産宣告されたという事態から、これまでの生活や仕事、特にお金に関しての扱い方など今のままではダメなので、もう1度ゼロリセットしてみて新しく再出発をしていこうというメッセージを感じました。

まさに年末感が満載の満月がきていますね。笑

部屋の片付けといった目に見えるモノを断捨離するというのは土エレメントの要素がありますが、今回は双子座の満月。

知識や情報やコミュニケーションという、どちらかというと風のように流れがあり目に見えないものについても、年末の大掃除をということですね。

ちなみにサビアンシンボル的には、双子座のテーマで知的好奇心旺盛にあれこれやってきたけれども、もうすぐ双子座が終わるタイミング。

破産宣告された人のように、一度ゼロリセットして本当に必要なものは何だったか?これまでの生活でよかったのか?

これを振り返り、双子座の次にくる蟹座へと進んでいくプロセスになっていきます。

約半年前の双子座新月ではじめたことを振り返ってみる


また、新月&満月を使った願望実現法として、約半年前の2021年6月10日に双子座の新月というタイミングがありました。

上記のホロスコープ見ていただくとわかるとおり、双子座の位置で月と太陽が重なっている=新月になっていますよね。

自然のサイクルを意識して、サイン(今回だったら双子座)のテーマで何か新しくはじめてみる。

ちょうど2021年の夏頃にスタートさせた、何か興味関心からパッと始めてみたことやラフに出会った人間関係などなど。

半年が経過し、やってみてどうだったか?

約半年後となる今回の満月のタイミングでしっかり振り返ることで、新しい気づきを獲得できると思います。

しかも今回は、破産宣告をされた男という強烈なメッセージ。

もし満足いかないような事柄が思いつくようであれば、年末に向けてゼロリセットするくらいの気持ちで片付けをしていくと良いですね。

片渕の場合|人間関係を深めるためにも目の前のモノ・コト・ヒトに全力を尽くす


そんなタイミングで、私は何しようかなと思ったのですが、風エレメントの双子座ということで人間関係の整理というところに着目しています。

といっても、これまで付き合っていた人をバサバサ切り捨てる・・という意味ではありません。

もちろん状況によっては、バサバサ切り捨てた方がいい場合もあるでしょう。笑

今回の満月は双子座28度ということで、双子座の1度から30度まである中では最後の方に相当します。

つまり次にくる蟹座の準備をしている状態なんですね。

蟹座は水のエレメントで、誰かを守り育てるシンボルがあります。

占星術ホロスコープで蟹座♋️を読み解くと何がわかる?【♋️=守り育てていく母親の象徴】

知的好奇心旺盛にあれこれやってきた中で、あたかも破産宣告された人のように一旦立ち止まり、ゼロリセットしてみる。

そして今一度、

片渕

自分にとって大切な人・仲間って誰?そこに自分の時間・お金・その他リソースをちゃんと注いでいたのか?

目の前にいる、いつもお世話になっているヒト・モノ・コトにちゃんと向き合うところを意識したいですね。

もうすぐクリスマスもあるので、まずは子供たちや家族に対してということはサンタ活動とか、ワーケーションの実行とかでしょうか。笑

結果的にそうした時間の使い方が、自分にとって優先度低いことから離れていくことにつながります。

もちろん、人によっては、SNSを断ち切るとかLINEから削除するとか、ドラスティックにやっていくのもokと思います。

ぜひ、双子座満月という断捨離やゼロリセットに適したタイミングが来ているので、こうした自然のサイクルを参考にしながら風エレメントの要素を断捨離して、新しい新年を迎えていきたいところです。

そんなことを考えてつつ私は双子座満月を迎えつつありますが、あなたは何を振り返ってみますか??

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回のようなブログ記事をまた読んでみたい!という方は、こちらからクルー登録していただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください