乙女座の新月【2021年9月7日9:52ごろ】地に足つけてちゃんと準備をはじめよう

こんにちは、片渕です。

2021年9月7日、9時52分ごろに、新月というタイミングになります。

占星術的にいうと、天空を12分割した時に「乙女座」がある位置、厳密には乙女座15度という位置で、太陽と月が重なります(=新月)

新月のタイミングのホロスコープは下記の通り。


さて今回は、新月&満月の占星術的な意味などについて、よく言われている話や、実生活での活用方法などについて、ご紹介していきたいなと思います。

新月はスタートで満月は振り返り


占星術の世界では、新月&満月のサイクルを活用して、

・乙女座の新月=乙女座テーマをなにかスタート
・乙女座の満月=半年前にスタートしたことを振り返る、手放していく

というような、新月に願いごとをするという願望実現法が流行っています。

今回は乙女座で新月となるタイミング。

乙女座は地のエレメント×柔軟サインで、キーワードとしては「実務家や秘書」と言われています。

>> 占星術ホロスコープで乙女座♍️を読み解くと何がわかる?【♍️=実務家・秘書の象徴】

・実務能力、専門性、秘書的な力
・几帳面、細部にハマる気質、適応力
・健康管理、整理整頓
・警戒心、防衛力、免疫や医療

このあたりが乙女座のシンボルになります。

ようするに生活・仕事・健康などの領域で、きっちりあれこれ準備をはじめるのに良いタイミングと言えるでしょう。

ピンとくるテーマだったり、やろうかなどうしようかな?と迷っていたものがあれば、乙女座の新月をきっかけにスタートすると月の満ち欠けという自然のサイクルとマッチしていて良いですね。

乙女座の15度にはどんな意味が?


さらに今回の新月となる場所は、乙女座の中の、数え度数が15度となります。

サビアンシンボルと呼ばれる、360度のうち1度それぞれに意味があるところまで深読みすると

乙女座15度:
An ornamental handkerchief.
装飾されたハンカチーフ

が、乙女座の15度のシンボル。

美しい模様が刺繍されたレースのハンカチのようなイメージですよね。

清潔感があって品があって、きっちりした人が持ち歩いているものかと思います。

つまり、何気ない日常生活の中でも、こだわりを持ち、きっちり丁寧に準備・段取りしたりするシンボルが、乙女座の15度なのかなと。

とすると、人によっては家のことで、これから家族のライフスタイルの変化に合わせた準備かもしれません。

あるいは健康であれば、食生活を見直したり、丁寧なライフスタイルにつながる習慣かもしれない。

仕事であれば、キャリアアップに向けた具体な学びをスタートさせたり、その計画を立てたりすること。

毎日の生活の中で、あたかもレースのハンカチを持つような、自分のこだわりを丁寧に準備することをスタートしてみてはどうでしょう?

半年後の乙女座満月で振り返ってみる


そして、約半年後の2022年3月18日に乙女座の満月というタイミングになります。

上記のホロスコープ見ていただくとわかるとおり、乙女座の位置で月と太陽が180度の関係=満月になっていますよね。

自然のサイクルを意識して、サイン(今回だったら乙女座)のテーマで新しく始めることも大事です。

そして、やってみてどうだったか?

振り返ることで、新しい気づきや、次はもっとこうしようかな?などの学びがあるはずだと思います。

乙女座満月のタイミングで、またブログも書いてみるつもりですが、はじめることと振り返ることをセットに考えておくと良いですね。

片渕の場合…大人としての最低限の教養を学んでみようかなと


さて、そんなタイミングで、私は何しようかなと思ったのですが、リベラルアーツ系の学びに着目しました。

自分のこれまでを振り返ってみると、だいぶ常識を知らないといいますか、偏りがあるなあと感じています。苦笑

元々、私のホロスコープでは、乙女座には金星と火星がいて、いうなれば

自分の感性を信じて、きっちりかつエネルギッシュにあれこれ準備をしていく

ようなタイプとリーディングできます(下記は私のホロスコープ)

合理的で効率が良いものを好んでいた

実際に、学生時代や社会人時代、仕事や生活で必要なことは、割と事前に準備したり段取りすることをしっかりやる方でした。

なので、

●必要なこと・すぐに役立つことは、準備する
●無駄なこと・すぐ役に立たないことは、捨てる

合理的といいますか、限られた時間・お金を限りなく効率よく使って生きてきた感があります。笑

それはそれで悪くはないし、その思考・行動があって今の自分があるのは事実です。

だけど、最近は占星術を学んだ時にも感じたのですが、長い時間というヤスリにかけられてもずっと残り続けている時代がどう変化しても普遍的なものに興味を持ちはじめました。

いわゆる教養とかリベラルアーツと言われるのも、その1つですね。

ということで、宗教・哲学・思想・歴史のような領域で、まずは入門書のような本からインプット&アウトプットをやっていこうかなと。

直感を信じてまずは初めてみることが大切

現代を生きる自分にとって、教養とかリベラルアーツって一見すると必要なさそうに感じるのですが・・

・人類の長い歴史があって今がある
・世界の一部である日本(日本人)

などという視点でみると、圧倒的に知らないことばかりなんですよね。

例えば宗教の話。

日本で普通に生きている人にとって、宗教って無縁である人が多いのかなと。

私のように、そもそも宗教とかよくわかってないし、なんか怪しいイメージしか持っていない・・・人が多いんじゃないかなと。

だけど学んでみるととても奥が深く、しかも憲法や民主主義・資本主義など、政治や経済、社会の仕組みなどの密接につながっていることがわかります(今は、以下の本を読んでます)

すぐに何かの役に立つものではない。

それこそ直接的に、将来にお金を生み出したり、健康になったりするわけではない。

だけど、人としてのアップデートをしていく「準備」という意味で、今の自分にはリベラルアーツが必要と直感で感じます。

もちろん本で読んだだけじゃなくて、そこでの気づきを使って思考や行動を広げていくことは必須ですけどね。

占星術を知る前と後で世の中の見え方がガラッと変わったような感覚、それがまた来るんじゃないかな?

そんなことを考えて、乙女座新月を迎えている感じですが、あなたは何を新しくスタートしてみますか??

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回のようなブログ記事をまた読んでみたい!という方は、こちらからクルー登録していただけると嬉しいです。