5000年も続いてきた人類の叡智を使って、自分自身の設計図をリーディングする

占星術とは、現代科学の常識や時代を超えて、長く使われてきた歴史があります。

地球から見た天体の動きや位置関係から、DNAとは違った自分自身の設計図を知ることもできますし、社会や国家の在り方や方針などもリーディングすることができます。

天体や星座にこめられたシンボルは、古代哲学の概念がベースとなっていることから現代科学の範疇で見るととても非科学的な話になるのですが、、

星からのメッセージをリーディングしてくると、偶然とは思えないほど、ピンとくる話が多いことに驚きです。

以下は、私のホロスコープなのですが、

どんな神様(=10天体)が
どんな服(=12星座)を着て
どんな舞台(=12ハウス)で
どんな会話(=アスペクト)をしているか

これらを基本に、天体や星座、ハウスやアスペクトを組み合わせて唯一無二の自分自身のホロスコープリーディングをしていく。

自分自身をホリスティックに知ることができますし、星たちを輝かせるような生き方ができると、自分の人生ストーリーも輝いてくるのです。

また、2021年というような時代のホロスコープと組み合わせていくことで、今年あなたのテーマとして優先度高くやってみることなども見えてきますよ。

「占星術」のカテゴリーでは、10天体・12星座・12ハウス・アスペクトそれぞれの解説はもちろん、実際のホロスコープを用いながら、どのように星からのメッセージをリーディングして活用できるのか?をまとめていきたいと考えています。

常識の世界に生きるからこそ、時代を超えて使われてきた占星術の視点から俯瞰してみると、また新しい発見や気づきがあって面白いのでお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください