個別コーチングやコンサル、占星術セッションや占星術師養成講座を提供中(Tap Here!)

占いやスピリチュアルをどのように毎日の生活で活用するとよいか?【魚座から学ぶ時期がスタートしました】

星占いの世界では、昨日(2月19日)から
魚座がスタートするタイミングでとなりまして
これから約1ヶ月ほど続きます。

魚座生まれの皆さん
誕生日おめでとうございます^^

ということで今回は魚座が象徴していることや
それらをどのように活用すると、自分の毎日の
生活がより充実したものになりそうか?
という視点でブログを書いてみたいと思います。

魚座にはどんなな意味があるのか?

まず「魚座」の意味の元になっている話から
少し説明すると、占星術の世界観の中では

「水のエレメント」と「柔軟サイン」

というものの組み合わせで
魚座が構成されていると考えられています。

占星術ホロスコープで魚座♓️を読み解くと何がわかる?【♓️=福祉・奉仕精神の象徴】

「水のエレメント」とは、占星術が生まれた
5000年も前の古代哲学の時代に
世の中は4つの要素「火・地・風・水」で
構成されていると考えられていた中で
「水」の要素のことですね。

水滴のように表面張力の力でギュッと1箇所に
集まろうとしている性質や、生命の素にもなる
広大な海、赤ちゃんが生まれる前にいた羊水
などから、愛情や癒し・ヒーリング
神秘的なものとのつながりなどを象徴
しています。

12番目の星座である魚座を数の原理からみると

また、牡羊座から始まる1年というサイクルで
見れば、12番目という1年の終わりである
最後の星座が魚座になります。

この「12」という数字からも魚座の意味が
うまれてきています。

12の1つ前、11番目に相当する水瓶座では
これまでの社会常識ではなく自分が思う理想を
追求するということがテーマになっていました。

占星術ホロスコープで水瓶座♒️を読み解くと何がわかる?【♒️=普遍的な理想の未来を求める革命家の象徴】

その結果、現実の社会と理想未来を踏まえた
世の中全体を統合してみるような
全てを包み込むことを魚座では表現
をしています。

ちなみにタロットカードで言えば
12番目のカードは「吊るされた男」
というものになります。

吊るされた男(12番目)のカードについて数字・絵柄からの意味やメッセージを解説します。

絵柄を見ていただくと特徴的だと思いますが
逆さまになって吊るされていますが
平然とした顔をしている印象がありませんか?

吊るされて身動きが取れないけれども
それで苦しい状況というよりは、世の中を
反対側から眺めているような様子が伺えます。

また、吊るされている状態なので、地面との
接点がないわけですから、地に足がついておらず
むしろ天と繋がっている様子が描かれています。

つまり地に足がついた現実世界ではなく
天の世界・スピリチュアルな世界と接続した状態で
世の中を見ているということで、12番目の
星座である魚座に近い意味
にもなっているのです。

さらに言えば、魚座は「柔軟サイン」なので
全てが統合された「海」のようなものから
次のステージに向かって柔軟に変化させることを
示しています。

生命のサイクルでいえば、魚座は死後の世界で
魂というのもがあるのであれば、それがまた
巡り巡って次の命の誕生までを担当している
領域になるのです。

どのように魚座の要素を取り入れていくか??

さて、そのような意味のある魚座について
どのように毎日の生活の中で取り入れていくと
良いのでしょうか?

私的には、取り入れる時の主従関係が大切かなと
考えています。

これはどういうことかというと、あくまでも
現実世界を地に足つけて生活したり仕事をしている
私たちは、社会のルールや常識に従って生きる
必要はありますよね。

しかし、非科学的なものが全然役に立たなくて
意味がないか?というと、そんなことはない
のではないでしょうか。

科学で証明されたことだけが絶対ではない
でしょう。

古来から使われてきた物事の考え方
例えば占星術や宗教などで語られている神様や
死後の世界の考えというのは、うまく自分自身に
取り入れることで、毎日の生活をより豊かに
充実したものに変えてくれる力があります。

つまり、占いやスピリチュアルに自分の人生
全てを委ねるのではなく、メッセージを大切に
しながらも最終的に意思決定するのは今を生きる
自分自身であるということ。

「主」を占いやスピリチュアルにするのではなく
「従」にしていきましょうという考え方ですね。

私も占星術のセッションをさせていただく時には

  • 「占星術の世界観からすると
    こういうことが言えるのですが
    いかがでしょうか?
    思い当たる節はありますか??」

などクライアントに伺いつつ、例えば今年
チャレンジしていきたいことや、現状の悩み・課題
に対して、一緒になって占星術を通じて分かること
の課題解決につながるコミュニケーションを
大切にしています。

占星術から見て分かることを、そのままうのみにする
のではなく、現実問題としてどのように取り入れて
考えていくか?

ここの主従関係を間違いないようにすることで
論理的に導き出せる事柄を、不思議な世界の力も
借りつつ、答え合わせをするような感覚で
使っていけるのではないか
と考えています。

目に見えないものを感じようとする姿勢が大切

私たちの生活は、月の満ち欠けなど含め
自然の摂理やリズムに影響を受けていることが
多々あります。

そうした古来から考えられていた
神秘的な領域からの情報やメッセージを踏まえ

  • 「じゃあ今日からどうしていく?
    どうしていきたい?」

これを一緒に考えて、メッセージを活用することが
魚座から学びを深めていくことになると思います。

日本はもともと、八百万(やおよろず)の神
と言って、森羅万象に髪を感じる考え方を
大切にしていました
よね。

物を大切にするとか、自然の恵みに感謝するとか。

そうした事柄をこの魚座を学ぶタイミングで
今一度思い出してみて、感謝の気持ちを持って
生活を進めていくと良いのではないでしょうか。

ということで今回は、占いやスピリチュアルを
どのように毎日の生活で活用するとよいか?
という視点で、主従関係を大切にしながら
自然や物事に感謝する気持ちを忘れないように
していきましょうという提案でした。

最後になりますが
占星術を自分のライフデザインに
活かしていくことをテーマにした
セミナー&動画をメンバーさん向けに
公開しています。

アジェンダとしては以下の通りですが

  1. 占星術をライフデザインに活用するとは?
  2. 自分自身の設計図であるホロスコープ
  3. 人生におけるテーマを示す10天体
  4. 目に見えない性質や欲求を示す12サイン
  5. 目に見える場面を示す12ハウス
  6. 天体同士の位置関係にをみるアスペクト
  7. ケーススタディ:実際にリーディングしよう

もしご興味あれば、下記よりメンバー登録
していただき、ご覧ください。

→登録はこちらから

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください