210607一生のホロスコープリーディング

占星術とは?ホロスコープとは?

5000年もの昔から続いてきた、現代科学の常識を超えた人類の叡智の1つ

天体や星座などにこめられたシンボルは、古代哲学の概念(火/地/風/水など)がベースに。

自分が生まれた生年月日・時間・場所(緯度経度)から、過去も含めても唯一無二のホロスコープができる(双子で4分出生時刻が異なると別物に)

天空を輪切りして平面上に見た天体・星座の位置関係から、星からのメッセージや、DNAとは違った自分自身の設計図を読み解くことができる

アセンダント(生まれ持った仮面)

自分が生まれた瞬間に、東の地平線に見えていたサイン。

仮面ゆえ、本人は無自覚だが、一生涯あらゆる場面で影響があるもの、周囲の人からみた時の第一印象。
(昔の占いでは、**座?というのは、太陽がいる星座ではなく、アセンダントの仮面のことを指していました)

アセンダントの仮面:蠍座
仮面のデザイナー(天体):冥王星(が蠍座にエネルギーを与えていると考えられている)
ハウス(人生における、目に見える具体的なシーンや場面):12(仮想空間)
ライジングスター(飾り):月

→素の自分や個性が見え隠れする探偵・研究者の仮面

何のためにその仮面をつけて個性を発揮するのかというと、スピリチュアル・芸術やアート・インターネットメディア活動のために。

目に見えない世界や、芸術やアート、メディアでの活動をやっていくために、個性が見え隠れするような研究者の仮面をつけて、自分が気になるテーマを追求していく人生ストーリー、という星の元に生まれている

>> 占星術ホロスコープで蠍座♏️を読み解くと何がわかる?【♏️=深く濃く追求する研究者の象徴】

>> 占星術ホロスコープで月を読み解くと何がわかる?【月=素の自分の象徴と言われる理由】

※アセンダントの仮面は、サインが12種類あるので、仮面も12種類あると考えられています。

牡羊座:
イノベーター、開拓者、戦士の仮面

>> 占星術ホロスコープで牡羊座♈️を読み解くと何がわかる?【♈️=開拓者・イノベーターの象徴】

牡牛座:
頑固なオーガニックレストランのシェフ

>> 占星術ホロスコープで牡牛座♉️を読み解くと何がわかる?【♉️=マイペースの象徴】

双子座:
メッセンジャー、情報通の仮面

>> 占星術ホロスコープで双子座♊️を読み解くと何がわかる?【♊️=フットワーク軽い好奇心旺盛な人の象徴】

蟹座:
母親、母性、保育士さんの仮面

>> 占星術ホロスコープで蟹座♋️を読み解くと何がわかる?【♋️=守り育てていく母親の象徴】

獅子座:
ライオン、王者の仮面

>> 占星術ホロスコープで獅子座♌️を読み解くと何がわかる?【♌️=個性を見せる演出家の象徴】

乙女座:
秘書、縁の下の力持ちの仮面

>> 占星術ホロスコープで乙女座♍️を読み解くと何がわかる?【♍️=実務家・秘書の象徴】

天秤座:
外交官、ネゴシエーター、交渉人の仮面

>> 占星術ホロスコープで天秤座♎️を読み解くと何がわかる?【♎️=プロデューサーの象徴】

蠍座:
探偵、研究者の仮面

>> 占星術ホロスコープで蠍座♏️を読み解くと何がわかる?【♏️=深く濃く追求する研究者の象徴】

射手座:
冒険家、トレジャーハンターの仮面

>> 占星術ホロスコープで射手座♐️を読み解くと何がわかる?【♐️=冒険家の象徴】

山羊座:
実業家、官僚、野心的な努力家の仮面

>> 占星術ホロスコープで山羊座♑️を読み解くと何がわかる?【♑️=努力家の象徴】

水瓶座:
未来人、発明家の仮面

>> 占星術ホロスコープで水瓶座♒️を読み解くと何がわかる?【♒️=普遍的な理想の未来を求める革命家の象徴】

魚座:
マーメイド、ファンタジーの仮面

>> 占星術ホロスコープで魚座♓️を読み解くと何がわかる?【♓️=福祉・奉仕精神の象徴】

MC(天職を示す名刺)

社会活動の頂点のシンボル

MCの看板・名刺:獅子座
カルミネート天体:木星
MC(天体)のデザイナー:太陽(が獅子座にエネルギーを与えていると考えられている)
ハウス:3(具体的な内容を、書いたり話したり教えたり)

→自分の楽しみ・らしさを魅力的に演出・プレゼンして、発展・繁栄をもたらすような仕事や立場が天職。

何のためにその天職があるかというと、具体的な内容を近場で、書いたり話したり教えたりするために、天職がある。(←このエネルギーが流れる先が活動的だと、より天職もイキイキしてくる)

>> 占星術ホロスコープで獅子座♌️を読み解くと何がわかる?【♌️=個性を見せる演出家の象徴】

>> 占星術ホロスコープで木星を読み解くと何がわかる?【木星=豊かさ・発展の象徴】

性質や性格を表す4つのエレメント(火/地/風/水)

>> 占星術ホロスコープの12星座(サイン)の意味や仕組みを解説します

・火、3
・地、3
・風、2
・水、2

→バランス型(しいて言えば、火と地エレメントに強み)
向上心、精神性の高さ、争うことやスポーツなどが好き。地のエレメント要素もあるので、浮足立っていることはせず、着実さなども合わせ持っている。

行動を示す3クオリティ(活動・固定・柔軟)

・活動、4
・固定、3
・柔軟、3

→バランス型(しいて言えば活動サインに強み)
何もないところから突発的に行動を起こしたり、他人の目を気にすることなくアクション始めたりするところが割と得意

月→太陽→土星の、人生のコアストーリー

月(誕生、プライベートな自分)

月のサイン:天秤座
月のハウス:1(個性、アイデンティティ) ※ハウスの5度前ルールより

→幼少期は、無意識に人の気持ちを敏感に感じ取ったり、たくさんの友達がいるような子どもだった?

プライベートでは、気配り上手だったり高い社交性を活かして、誰かに役立つようなことをするのが好きだし、生きがいになるようなタイプ。

>> 占星術ホロスコープで天秤座♎️を読み解くと何がわかる?【♎️=プロデューサーの象徴】

>> 占星術ホロスコープで月を読み解くと何がわかる?【月=素の自分の象徴と言われる理由】

太陽(人生目的、公的な自分)

太陽のサイン: 山羊座
太陽のハウス:3(具体的な内容を、書いたり話したり教えたり)

→社会的なステイタス・シンボル・権威性を発揮して、具体的な内容を書いたり話したり教えたりすること、学校の先生のような立場が人生目的(太陽テーマは、自分が主体的に努力していくと力を発揮できるもの、と考えられている)

>> 占星術ホロスコープで山羊座♑️を読み解くと何がわかる?【♑️=努力家の象徴】

>> 占星術ホロスコープで太陽を読み解くと何がわかる?【太陽=人生目標・目的の象徴】

土星(人生の落とし所)

土星のサイン:乙女座
土星のハウス:11(友人)

→晩年は、秘書や縁の下の力持ち的な存在だったり、しっかりとした生活力を持って老後を生きていく準備を整えて、友達たちとワイガヤしている(土星テーマは、若い頃は苦手意識があったり、人生の高いハードルとして設定されていることが多い)

※太陽→土星への変化という意味では、社会的ステイタスを活かして教育するようなことをやっていたが、最終的には権威性などを手放し、縁の下の力持ちのような関わり方で、友人たちと一緒に遊んだり支えていくような人生ストーリーになりそうです。

>> 占星術ホロスコープで乙女座♍️を読み解くと何がわかる?【♍️=実務家・秘書の象徴】

>> 占星術ホロスコープで土星を読み解くと何がわかる?【土星=常識・人生の落とし所の象徴】