210520ゆうぱちさんホロスコープリーディング

(前提)占星術とは?ホロスコープとは?

5000年もの昔から続いてきた、現代科学の常識を超えた人類の叡智の1つ

天体や星座などにこめられたシンボルは、古代哲学の概念(火/地/風/水など)がベースに。

自分が生まれた生年月日・時間・場所(緯度経度)から、過去も含めても唯一無二のホロスコープができる(双子で4分出生時刻が異なると別物に)

天空を輪切りして平面上に見た天体・星座の位置関係から、星からのメッセージや、DNAとは違った自分自身の設計図を読み解くことができる

(1)アセンダント&MC

アセンダント(生まれ持った仮面)

自分が生まれた瞬間に、東の地平線に見えていたサイン。

仮面ゆえ、本人は無自覚だが、一生涯あらゆる場面で影響があるもの、周囲の人からみた時の第一印象。
(昔の占いでは、**座?というのは、太陽がいる星座ではなく、アセンダントの仮面のことを指していました)

アセンダントの仮面:蠍座
仮面のデザイナー(天体):冥王星(が蠍座にエネルギーを与えていると考えられている)
ハウス(人生における、目に見える具体的なシーンや場面):1
ライジングスター(飾り):木星

→特定テーマをより拡大・繁栄させていく探偵・研究者の仮面

何のためにその個性を発揮するのかというと、自分自身の個性やアインデンティティのために(1ハウス)

自分自身が興味関心があるテーマを、探偵や研究者のように追求し、応用したり発展させていくことそのものが自分の人生、という星の元に生まれている

>> 占星術ホロスコープで蠍座♏️を読み解くと何がわかる?【♏️=深く濃く追求する研究者の象徴】

>> 占星術ホロスコープで木星を読み解くと何がわかる?【木星=豊かさ・発展の象徴】

MC(天職を示す名刺)

社会活動の頂点のシンボル

MCの看板・名刺:獅子座
カルミネート天体:なし
獅子座のデザイナー(天体):太陽(が獅子座にエネルギーを与えていると考えられている)
ハウス:8(鍵付きの秘密の部屋)

→自分自身や自分が楽しいと思うことを、演出的に自己表現する仕事が天職

何のためにその天職があるかというと、クローズドコミュニティやパートナー(彼女・嫁さん・ソウルメイト)のために(←このエネルギーが流れる先が活動的だと、より天職もイキイキしてくる)
>> 占星術ホロスコープで獅子座♌️を読み解くと何がわかる?【♌️=個性を見せる演出家の象徴】

(2)4つのエレメント(火/地/風/水)&3つのクオリティ(活動/固定/柔軟)


>> 占星術ホロスコープの12星座(サイン)の意味や仕組みを解説します

性質や性格を表す4つのエレメント(火/地/風/水)は・・?

・火、0
・地、3
・風、2
・水、5

→水エレメントが強い(火のエレメント要素は少ない?)
同じ理念や価値観の人たちが集まり、愛着・愛情・感情を分かち合う・ヒーリングなど、水の要素が強み。

行動を示す3クオリティ(活動・固定・柔軟)は・・?

・活動、4
・固定、3
・柔軟、3

→バランス型、やや「活動」が強い
物事をスタートさせたり、初動を起こすことが得意。

(3)月→太陽→土星の、人生のコアストーリー

月:素の自分、出発点など(0-7歳)
水星:知性、コミュニケーションなど(8-15歳)
金星:美的センス、感性など(16-25歳)
太陽:人生目標・目的など(26-35歳)
火星:活力、エネルギーなど(36-45歳)
木星:豊かさ、発展など(46-55歳)
土星:常識、人生の落とし所 など(56-70歳)
天王星:革命的、理想の未来など(71-84歳)
海王星:夢見、神秘など(85歳〜)
冥王星:死と再生、限界突破など(死後の世界)

月(誕生、プライベートな自分)

月のサイン:双子座
月のハウス:7(他者)

→幼少期は、興味関心があれこれ移り変わり、飽きっぽい子どもだった?

プライベートでは、フットワーク軽く好奇心旺盛にフラットに、他者と関わり合ったり交流することが自然とできる?

>> 占星術ホロスコープで月を読み解くと何がわかる?【月=素の自分の象徴と言われる理由】

>> 占星術ホロスコープで双子座♊️を読み解くと何がわかる?【♊️=フットワーク軽い好奇心旺盛な人の象徴】

太陽(人生目的、公的な自分)

太陽のサイン: 双子座
太陽のハウス:8(鍵付きの秘密の部屋)

→クローズドコミュニティにて、知的好奇心旺盛にあれこれ秘密のレッスンをしたり、極秘プロジェクトを行うことが人生目的。

>> 占星術ホロスコープで太陽を読み解くと何がわかる?【太陽=人生目標・目的の象徴】

土星(人生の落とし所)

土星のサイン:魚座
土星のハウス:4(家、家族、ファミリー意識)

→晩年は、スピリチュアル・目に見えない世界、芸術・アート、公共福祉といったテーマを、家族やファミリー意識でつながった仲間と一緒に活動している(土星テーマは、若い頃は苦手意識があったり、人生の高いハードルとして設定されていることが多い)

>> 占星術ホロスコープで土星を読み解くと何がわかる?【土星=常識・人生の落とし所の象徴】

>> 占星術ホロスコープで魚座♓️を読み解くと何がわかる?【♓️=福祉・奉仕精神の象徴】